アニメ『ノブナガ先生の幼な妻』最終話先行カット到着! 主人公の貞操は守られる!?
アニメ『ノブナガ先生の幼な妻』最終話先行カットより
全ての写真を見る

 テレビアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』の最終話・第12話「妻は帰らないといいました」のあらすじと先行カットが公開された。

 同作は、『月刊アクション』(双葉社)で連載中の紺野あずれ氏による同名コミックが原作。「ある日突然、自分のことを大好きな女の子が現れる」そんな“ギャルゲー的展開”を夢見続けていた教師・信永(CV:酒井広大)のもとに、戦国時代からやってきたという14歳の少女・帰蝶(CV:上原あかり)があらわれ、信永=織田信長と勘違いし、子づくりを迫るという年の差ラブコメ。最終話「妻は帰らないといいました」は6月22日(土)からAT-X、TOKYO MXほかで放送される。

<第12話「妻は帰らないといいました」あらすじ>
 未練を解消してやればいい。だがノブナガが蘭丸に入れられる形を絵に残したいというお鍋のほうの願いは到底聞けない。しかし、友里も一歩も引かない。いったいノブナガの貞操はどうなっちゃうの!?

<メインキャスト>
織田ノブナガ:酒井広大
斉藤帰蝶:上原あかり
生駒吉乃:小澤亜李
枇杷島万結:結崎このみ
星ヶ丘友里:田中茉理花
熱田杏南:豊田萌絵
織田市香:木下鈴奈

(C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」制作委員会

全ての写真を見る