とんねるず・石橋貴明が、寝る間を惜しんでプレイした「ファミコンソフト」とは?
※画像は『石橋貴明のたいむとんねる』の番組公式ツイッターアカウント『@time_tunnel_』より

 11月4日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)で、MCを務める石橋貴明(58)が“ハマったファミコンソフト”について言及。ファミコン世代から「共感できる」との声が上がっている。

 この日の放送では、ゲストにドランクドラゴン塚地武雅(47)とEvery Little Thingのボ―カル・持田香織(41)を迎え、「絶対知っている映画音楽」というテーマでエピソードを語った。

 その中で1985年公開の映画『グーニーズ』の主題歌『グーニーズはグッド・イナフ』が紹介されると、石橋は「グーニーズは全然見てないんですけど」と前置き。続けて「グーニーズというファミコンのゲームが……」と、突然ゲームの話題を切り出した。

 全然ゲームとかやったことがなかった石橋だが、ラジオ出演した際に『グーニーズ』のゲームソフトをプレゼントされたことをきっかけに“ドハマリ”。当時は朝から晩まで多忙だった時期ながら、帰宅してから朝6時くらいまでずっとプレイしていたという。

 あまりにもゲームに熱中していたため、石橋は「仕事しててもグーニーズの音がいつも(頭の中で)鳴ってて」と当時の状況を説明。そしてプレイ開始から10日くらいかけて、ついに最後の面をクリアすると、石橋は当時住んでいた白金のマンションの窓を開け、東京タワーに向かって「俺はグーニーズをやりきったぞ!」と雄たけびを上げたことを明かした。

 そんなファミコンソフト『グーニーズ』に関するエピソードに、ファミコン世代のゲームファンが共感。SNSでは「うわ、懐かしい!」「グーニーズは私にとっても熱中したソフトのひとつ」「たしかにグーニーズのゲームは相当ハマった」「タカさんのグーニーズをやり切った話、わかりみが深い」「映画のグーニーズも好きだったけど、ファミコンのグーニーズも好きで何回もやったな~」など、当時を懐かしむ声が多数上がっていた。

 映画音楽のテーマから、ファミコンゲームの話題になるとは思わなかった。

※画像は『石橋貴明のたいむとんねる』の番組公式ツイッターアカウント『@time_tunnel_』より