ガンダム×サンテ、刀剣乱舞×ロート! 冬の目薬が激アツ
画像はロート製薬のツイッター公式アカウント『@eyecare_cp』より

 この冬、目薬の異色コラボが盛り上がりを見せている。

 12月2日、ロート製薬は公式ツイッターアカウントを更新し、ゲーム『刀剣乱舞』とのコラボを発表。「時は令和元年、瞳の乾燥を目論む『瞳乾燥主義者』によって瞳への攻撃が始まった---審神者の瞳を守るため、出陣せよ。ロート本丸冬の陣 はじまる」とつぶやかれた投稿には、同ゲームの人気キャラクター「三日月宗近」「鶴丸国永」「加州清光」の3振りと思われるシルエットが描かれていた。

『刀剣乱舞』との予期せぬコラボ、そして「瞳乾燥主義者」「ロート本丸」という、ゲームの世界観を活かしたロート製薬独自の設定を盛り込んだキーワードがファンの間でさっそく話題に。「ロート本丸の初期刀はだれなんですか?」「『瞳乾燥主義者』の皆さんが何をきっかけに人の瞳を乾燥させることに堕ちてしまったのか理由を知りたい」「御手杵は『俺はさすことしかできないからなぁ』って確実に目薬をさしてくる」と、同作初の目薬とのコラボに喜びの声が上がった。

 今冬、目薬とコラボしたのは『刀剣乱舞』だけではない。参天製薬『サンテFX』のツイッターアカウントは、11月23日に「令和元年12月3日 サンテFXに何かが起こる…」とツイートしていたが、12月3日、今年放映40周年を迎える国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』とコラボした『サンテFXネオ ガンダムモデル』『サンテFX Vプラス シャア専用ザクモデル』の2色の特別モデルを数量限定で発売することを発表した。

 このスペシャルコラボにあわせ、アムロ・レイ(CV:古谷徹)とシャア・アズナブル(CV:池田秀一)が登場するWEB動画も公開。

 動画のアムロとシャアは部下と上司という設定。疲れ目をこすりながら徹夜しようとするアムロを「その疲れ目で作業効率が上がるとでも思っているのか!」とシャアが一喝。『サンテFX』をさしたアムロは見事、仕事のスピードを向上させ、無事に提案書を作成し、「アムロ、直帰しまーす!」という宣言とともにホワイトベースを飛び去っていく。

『飛べ!ガンダム』や劇中の効果音を使用したパロディCMは大きな話題になり、「ガンダム目薬、なにげにツボです」「アムロがシャアの言うこと聞きまくってて面白い」「古谷さんも池田さんもノリノリで最高だ」といった声を集めている。

 目薬とアニメ作品とのコラボは少なくない。ロート製薬は『ドラゴンボールZ』や『美少女戦士セーラームーン』と、参天製薬は『進撃の巨人』や『新世紀エヴァンゲリオン』など、これまで多くの人気アニメとコラボを行ってきた。

 ドライアイは特に冬の乾燥した季節になりやすいと言われている。両作品とも人気なだけに、「目薬界隈は刀剣男士VSガンダムなの?」「ロートはとうらぶ、サンテはガンダム。どちらも好きなので目薬ばかりふえる」と、どちらを買おうか悩む人も多そうだ。