別冊なかむらりょうこ
別冊なかむらりょうこ

 累計3300万部超え! 少女漫画の金字塔の番外編が、番外編の域を超えている!!! 少女漫画必須のダークライバルは、新しい少女漫画ヒロインの誕生となりました!

 みなさんこんにちは、少女漫画も少年漫画も青年漫画もweb漫画もごはん漫画も4コマ漫画もギャグ漫画もレディコミもコマ割りされてるもの全部大好き!ワタナベエンターテインメント所属の少女漫画芸人・別冊なかむらりょうこです。

 3000作もの少女漫画を愛読してきた私が、最新のオススメ少女漫画を紹介するこのコラム。今回お話ししたいのは、累計3300万部を超え、『別冊マーガレット』2017年12月号にて完結した少女漫画、椎名軽穂先生の『君に届け』。その『君に届け』の番外編が『別冊マーガレット』2018年5月号から、不定期で連載がスタートしているのを皆様ご存知でしょうか。

 しかもタイトルは、『君に届け番外編 運命の人』!

「運命の人」!

 少女漫画=「運命の人」と出会う一連のストーリーですから! とてもど真ん中のタイトルに、内容が気になるところ。その中、遂に9月に待望の1巻が発売されました! 今回の番外編ではどんな胸の高鳴りを読者に与えてくれるのでしょうか。

■少女漫画界を「『君に届け』以前」「『君に届け』以降」に分断したと言っても過言ではない大ヒット青春ストーリー

 まず、『君に届け』とは2006年から2017年まで連載され、2009年、2011年にはアニメ化、2010年には映画化もされた作品です。

 その見た目のせいで高校のクラスメートから、本名の爽子ではなく「貞子」と呼ばれ怖がられてしまう黒沼爽子と、男女問わず人気者の爽やかで人の噂も気にしない風早翔太の出会いから、恋愛に発展していく物語。友情・家族・進路などを通し成長していく2人と、その周囲の登場人物たちによる群像劇的一面も。

 大切に育てる「好き」の思いと、主人公の2人のピュアさとまぶしすぎる青春ストーリーは私たちにたくさんのキュンとする気持ちをくれました。

 風早くんという、いそうでいなかった唯一無二のヒーロー像の確立も、『君に届け』ブームを加速させ、とにかく爽やかで、誰にだって分け隔てなく思いやりを持って接し、しかも好きな子のことになると超必死!という男子像については、「いや少女漫画のヒーローか!」ではなく「いや風早くんか!」とツッコむ世の中に。

 また『君に届け』は、主人公の2人がつき合ってからも長く連載が続いた作品、という特異性もあります。

 少女漫画は元来、つき合うまでをゴールとし、どのように「好き」に気づき、伝えるのかに重点をおいていますが、『君に届け』では、無事つき合えてからも、日常の変化に見舞われながらも過ごすカップルというもの自体の良さを存分に伝えてくれていました。

 そして、次第に爽子の友人関係を中心とした登場人物たちは、主人公のように成長と恋愛の結末を迎えていき、登場人物全員応援型・高校3年間の長編青春ストーリーとして『君に届け』は30巻を持って完結したのです。

  1. 1
  2. 2