声優・悠木碧の『どうぶつの森』マイデザインが『プリキュア』そのもの!「再現度高すぎ」
画像は悠木碧のツイッターアカウント『@staff_aoi』より

 3月24日、声優の悠木碧が自身のツイッターを更新。3月20日に発売されたNintendo Switch向けソフト『あつまれ どうぶつの森』で自身が作成したマイデザインを公開し、話題を集めた。

 この日悠木は、「重なるふたつの花! キュアグレース!!」とコメントをつけ、ゲーム『あつまれ どうぶつの森』内での、好きな服のデザインができる機能「マイデザイン」で作った洋服を公開。それは、現在悠木が声優を務めるアニメ『ヒーリングっど プリキュア』(テレビ朝日系)の主人公・キュアグレースの衣装そっくりのデザインだった。

 ドット絵で丁寧に作られたキュアグレースの衣装は、袖やスカートの裾にこまかなシワや影が入っていたり、胸元の小さな花のモチーフもバッチリ立体感があったりと全体的に再現度が高いものだった。

 この写真を見たファンからは「上手過ぎですっ」「すごすぎませんか……? 課金アイテムレベル」「再現度高すぎる!!」「仕事が早い流石碧ちゃん」「プロのお仕事」「スカートのプリーツ感すごい!」「QRコードで配布してください……!」と、悠木のデザイン力の高さに驚くコメントが続出した。

 また『ヒーリングっど プリキュア』の共演者で、ラビリンの声を務める声優の加隈亜衣からは「キュア! グレース! すぎる!!」、同じくペギタンの声を務める声優の武田華からは「うっま!!」とそれぞれコメントが届き、悠木はこれに「ラビリンも何かにしたいラビ!」「わーい! そのうちペギタンの帽子とかも作りたいです……」と返信し、次回のデザインへの意欲をのぞかせていた。

「マイデザイン機能は、『あつ森』の人気機能のひとつです。一般の方も好きなアニメ作品やアイドルの衣装などを作り、無人島生活を楽しんでいるようですね。とはいえ、マス目を埋めるように少しずつ色を配置しデザインするのは難しい。キャラクターデザインを中心に手がけているデザイナーの澤田圭さんはツイッターで“今回のどうぶつの森のマイデザインは、ドットがなめらかに表現されるので扱いが難しい”と分析し、打開策として“近似色に吸い寄せられる傾向があるので、似てるけど違う色を置くと区別化出来る”というアドバイスをしていましたね」(ゲーム誌ライター)

 好きな衣装で素敵な無人島ライフを!