絵本風でもバトルはすごい、鳥山明の隠れた名作『COWA!』に魅了されるワケ【ムーディ勝山コラム】の画像
画像は『COWA!』(集英社)
全ての写真を見る

 中学校の修学旅行から帰って来たら、実家が引っ越していた。で、おなじみムーディ勝山です。(元実家の前で待ってたら母親が迎えにきて「どこに行ってたの?」と言われました)

 私は松坂世代です。そして広末世代でもあり、朝青龍世代でもあり、ジョイマン高木世代でもあります。そして、ここらへんの人が完全に世代なのが、「黄金期の少年ジャンプ」です。

 とにかくエグかった。電子書籍も当たり前になった今では信じられないかもしれませんが、毎週月曜日の『週刊少年ジャンプ』の発売日には子どもたちが近所の書店に集まり行列を作っていたんです。(なぜか僕の近所の駄菓子屋「いとや」はフライングで日曜日の朝から発売していました)

 連載陣もエグかった。たとえば私が中学1年生、1993年のジャンプを見てみましょう。『DRAGON QUEST ダイの大冒険』『ろくでなしBLUES』『SLAM DUNK』に『新ジャングルの王者ターちゃん』などなど。『ジョジョの奇妙な冒険』は第4部が中盤を迎えたあたりで、『幽遊白書』は戸愚呂兄弟戦から仙水編へ向かうあたりです。

 そんな黄金期の最前列を走っていたのが、間違いなく「ドラゴンボール」でした。どれだけすごいのか?

・ジャンプの世界記録、発行部数653万部に貢献

・ドラゴンボール単行本の総売上が全世界で3億部以上?

・ジャンプのアンケート1000票中800票以上獲得

・アニメの10年間の平均視聴率20%超え(フランスでは最高87.5%を記録したらしい)

・アメリカの10年間の検索ランキングで総合2位

 もう途中から訳分からないです。フランスの視聴率どうなってんねん。

 そんなドラゴンボールの作者である鳥山明先生にも数々の都市伝説があって、当時住んでいた愛知県から引っ越しされると、鳥山先生からの多額な税収が入らなくなる! と考えた行政が、鳥山明邸から名古屋空港までの道路を作った。という噂がたつぐらいすごい存在です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3