著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第55回「なぜ90分間か」(後編)
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第55回「なぜ90分間か」(前編)
大住良之
川崎対福岡「サッカー批評」の醍醐味(3)「心から称賛したい」福岡のプレー
大住良之
川崎対福岡「サッカー批評」の醍醐味(2) 「川崎2点目からの40分間」こそが勝負の分かれ目
大住良之
川崎対福岡「サッカー批評」の醍醐味(1)「3対1」のスコアに詰まった「紙一重」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第54回「自転車か『チリ女』か」(後編)
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第54回「自転車か『チリ女』か」(前編)
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第53回「サッカー記者の50年(石器時代から現代へ)」(3) 「98年ワールドカップでの緊急事態」と救世主
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第53回「サッカー記者の50年(石器時代から現代へ)」(2) 「10人中8人が使っていた名機」と「ブラジルでの原稿用紙不足」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第53回「サッカー記者の50年(石器時代から現代へ)」(1) 「ZOOMとノート」と「12時間の重労働」
大住良之
【日本代表】続・晩春の激論 大住良之×後藤健生(8)「大迫勇也は他の選手では代えがたい」「日本サッカー協会の決死の覚悟」
大住良之,後藤健生
【日本代表】「BLUE IMPULSE」田中碧の衝撃(2)連想するのはトニ・クロース「成熟したゲームメーカー」
大住良之
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 18