著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
「コンタクトプレーのジレンマ」(2)ホールディングがもたらした難題
大住良之
「コンタクトプレーのジレンマ」(1)東京・中村帆高と川崎F・谷口彰悟「2つのファウル」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第34回「1枚の写真」(3)「写真は誰のものなのか」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第34回「1枚の写真」(2)“王様”が最も大切にした写真
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第34回「1枚の写真」(1)新旧世界王者の対決
大住良之
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(7)日本対メキシコ「MVPを挙げるとすれば日本サッカー協会」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(6)日本対メキシコ「俺たちはこんなんじゃいけない、と思いがひしひしと…」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(5)日本対メキシコ「鎌田は死ぬか生きるかで戦う覚悟ができれば、本当にすごい選手になる」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(4)日本対メキシコ「本当に左SBは探さないと…」「酒井高徳にはいてほしい」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(3)日本対メキシコ「W杯出場がかかった試合なら、当然南野と長友だった」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(2)日本対メキシコ 原口元気「強烈ミドル」以上!“意外な一本のパス”
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(1)日本対メキシコ「霧中で見せた伊東純也のクロス」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 9