著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第42回「韓国釜山グルメツアー」の巻
後藤健生
「37歳の長谷部誠に期待すること」(3) バレージを思わせる 「ゲームを読む力」
後藤健生
「37歳の長谷部誠に期待すること」(2)「東洋のコンピューター」との共通点
後藤健生
「37歳の長谷部誠に期待すること」(1)監督からの評価を一転させた試合
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第41回「高速バスで、あわや大事故」の巻
後藤健生
サッカー全国高校選手権と「新たな武器」(3)ロングスロワーが増えた理由
後藤健生
サッカー全国高校選手権と「新たな武器」(2) スローインが“そのままゴール”した試合も
後藤健生
サッカー全国高校選手権と「新たな武器」(1) 「サッカーの怖さ」を再認識した 青森山田対山梨学院の決勝
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第40回「生涯もっとも寒かったエストニアでの試合」の巻
後藤健生
サガン鳥栖“ユース最強”の理由(3)17歳Jリーガー・中野伸哉を見よ!
後藤健生
サガン鳥栖“ユース最強”の理由(2)マジカルなまでの勝負強さ
後藤健生
サガン鳥栖“ユース最強”の理由(1)3日間で2つの全国制覇を達成
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 15