著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
JFAへ再提言「国内組」日本代表合宿を!(2)「高徳、佐々木らと韓国“国内組”との親善試合」
後藤健生
JFAへ再提言「国内組」日本代表合宿を実施せよ(1)「サムライブルーで見たい永井、小林悠」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第29回「日本代表、60年前の勝利の真相」の巻
後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(10)日本サッカー協会の実現力
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(9)「久保と柴崎“バツ“の理由」笑わない伊東
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(8)「イスタンブール、カイロ、テヘランでのアウェーゲーム」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(7)「国内で試合はしてほしい」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(6)吉田麻也のコメント力と圧倒的キャプテンシー
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(5)森保一監督の采配と「完璧」だった吉田と冨安
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(4)人材豊富なバック陣と原口元気
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(3)“窮屈だった“久保建英とその可能性
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(2)伊東純也と鈴木武蔵
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 9
おすすめ