「トーマス・ミュラー」

トーマス・ミュラー(とーます・みゅらー)

Thomas MULLER。生年月日1989/09/13、身長/体重186/75、出身・ドイツ。バイエルン・ミュンヘンの下部組織出身、2008年にトップチームデビューを果たす。同年は新設されたドリッテリーガ(3部)のリザーブチームの主力としてプレー、シーズン15得点を記録する活躍を遂げ、09年にはトップチームに昇格した。以後、長期に渡りクラブを支える存在に。駆け引きを得意とする知性派ストライカー。

「トーマス・ミュラー」の記事一覧
バイエルン戦の「ブンデス初ゴール」で“2つの階段”を上がる堂安律
本田千尋
CL覇者バイエルン・ミュンヘンの謎~片田舎クラブが「全ドイツ制圧」の異常(1)「1974年の偉業」
後藤健生
「CL決勝考察」パリ・サンジェルマンvsバイエルン(2)「NOファンタジー、高強度の現代サッカー」
サッカー批評編集部
「CL決勝考察」パリ・サンジェルマンvsバイエルン(1)「最少得点の撃ち合い、氷のノイアー」
サッカー批評編集部
チャンピオンズリーグ決勝「7年前の5人」バイエルン“華麗なる粉砕マシン”の饗宴
サッカー批評編集部