「マッシモ・フィッカデンティ」

マッシモ・フィッカデンティ(まっしも・ふぃっかでんてぃ)

MASSIMO FICCADENTI。生年月日1967/11/06。出生地・イタリア。2014年、FC東京でJ初指揮。現役時代は、主にイタリアのセリエBで活躍。選手時代に名古屋グランパスからオファーを受けており、それからJリーグに興味を示すようになる。セリエC2のクラブチームの監督として、指導者のキャリアをスタート。守備組織の構築を得意とし、攻守のバランスが取れたシステムを駆使し様々なチームで結果を挙げた。セリエAのACチェゼーナ時代には、長友佑都の指導をしたことでも有名。