「レアル・マドリード」

レアル・マドリード

ホームスタジアム/サンティアゴ・ベルナベウ(入場可能数:81,044人)。ホームタウン/マドリード。チームカラー/白。歴史/1902年に設立された「マドリード・フットボール・クラブ」が前身で、20年に現在の名称に。43年、サンティアゴ・ベルナベウが会長に就任。彼はクラブ創世期に、チームキャプテンとして活躍していた元選手で、クラブを世界有数のトップチームへと導く。長きにわたり黄金時代を築き上げ、その勢いは2000年代に入っても衰えることはなく、現在の活躍に至る。

「レアル・マドリード」の記事一覧
久保建英を「サッカー批評」5702字!(2)「ペレ並」瞬息万変のファーストタッチ
後藤健生
久保建英を「サッカー批評」5702字!(1)“自分らしさ”ではない「殺すドリブル」
後藤健生
絶好調の久保建英、R・マドリード復帰に“越えるべき2つの壁”
サッカー批評編集部
「久保と乾」「優勝争い」6月11日再開!スペインリーグ大展望
サッカー批評編集部
レアル・マドリー「サッカー銀河帝国の興亡」第4回 カンテラか、ビジネスか。ペレスの策略とラ・ファブリカの刻印
森田泰史
欧州移籍市場への“コロナ”衝撃波!(3)失意の男の「復権」はなるか?
杉山孝
レアル・マドリー「サッカー銀河帝国の興亡」第3回 ペレスの若手推進プロジェクトと敏腕スカウトの存在
森田泰史
レアル・マドリー「サッカー銀河帝国の興亡」第2回 マネーゲームからの撤退と、14歳のネイマールを逃した過去
森田泰史
欧州移籍市場への“コロナ”衝撃波!(2) 不況下で台頭する新星は?
杉山孝
レアル・マドリー「サッカー銀河帝国の興亡」第1回 ロス・ガラクティコスの歩みと、ひとつの失敗。 
森田泰史
レアル、Bチームも対象の総額100億円の給与削減!久保建英も…
サッカー批評編集部
欧州移籍市場への“コロナ”衝撃波!(1) 世界最強リーグの勢力図
杉山孝
  1. 1
  2. 2
おすすめ