「川崎フロンターレ」

川崎フロンターレ

ホームスタジアム/等々力陸上競技場(入場可能数:26,827人)。ホームタウン/神奈川県/川崎市。チームカラー/サックスブルー、ブラック、ホワイト。クラブ名の由来/フロンターレとはイタリア語で「正面の」「前飾り」の意味。常に最前線で挑戦しつづける気持ちと、正々堂々と戦う姿勢を表現。歴史/1955年にスタートした富士通サッカー部が、1997年にチーム名を川崎フロンターレに改称。1999年Jリーグに参戦。エンブレムに川崎市の花「つつじ」とマスコットの「イルカ」が描かれている。

「川崎フロンターレ」の記事一覧
【1/22更新! 移籍動向一覧】「J1全20クラブ編」Uー20ブラジル代表や新ルートも! 外国籍選手が続々上陸へ
サッカー批評編集部
【1/19更新! 移籍動向一覧】「J1全20クラブ編」元代表などFWの動きが加速!
サッカー批評編集部
【1/13更新! 移籍動向一覧】「J1全20クラブ編」 まさに「柏から世界へ」! リーグMVPと日本代表GKが海外へ
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 連載第41回 言葉だけですべてを伝える「サッカーとラジオの時代」全史
大住良之
【1/12更新! 移籍動向一覧】「J1全20チーム編」新旧日本代表が動く!
サッカー批評編集部
佐藤寿人論(3)サッカー史上でも稀有な「芸術品」だった
大住良之
【1/8更新! 移籍動向一覧】「J1編」上位2クラブが動き出す!
サッカー批評編集部
【写真24枚】第100回天皇杯決勝 川崎フロンターレ「歓喜の二冠」の輝き PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」
サッカー批評編集部
サガン鳥栖“ユース最強”の理由(1)3日間で2つの全国制覇を達成
後藤健生
【1/4更新! 移籍動向一覧】「J1編」元韓国代表DFが自身4つ目のJクラブへ
サッカー批評編集部
「川崎初優勝」天皇杯のサッカー批評(2)異例の大会での「ジャイアントキリング」の行方
後藤健生
「川崎初優勝」天皇杯のサッカー批評(1)「進化した戦術」で勝ち取った悲願の二冠
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 15
おすすめ