「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
「秘めた力」と「勢い」――鍵を握る「得点ランク1位と2位」の激突!【J1プレビュー】鹿島―柏
サッカー批評編集部
「メンバー変更」を力に変えろ!【J1プレビュー】仙台―鹿島
サッカー批評編集部
レッドカードで「引き分け死守」異常事態下の鹿島VS川崎 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」 鹿島ー川崎
原悦生
「中村憲剛 神が宿る右足」(3) 「あと10年はできる」頭脳の進化
大住良之
立ちはだかるのは「20」の壁!?【J1プレビュー】鹿島アントラーズ―川崎フロンターレ
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第32回「サッカーにおけるスペシャルナンバー13」
大住良之
日本人FWでもできた! 鹿島・上田綺世「ワールドクラスのトラップからスーパーゴール」
サッカー批評編集部
鹿島アントラーズの「らしさ」と「らしくなさ」 横浜FMー鹿島 PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」
原壮史
鹿島が大逆転! 横浜Mを沈めた「FWエヴェラウドの超テクプレーと千金同点弾」
サッカー批評編集部
「オリジナル10対決」新たなサイクルに突入せよ!【J1プレビュー】横浜FM―鹿島
サッカー批評編集部
「赤い両軍」勝ち点最大11差が覆る日!?【J1プレビュー】鹿島―名古屋
サッカー批評編集部
出でよ国産アタッカー!緊張高まる一戦【J1プレビュー】鹿島―広島
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
おすすめ