現在公開中のアニメーション映画『サマーゴースト』の舞台挨拶が11月14日に、都内映画館で行われ、声優を務めた小林千晃、島袋美由利、島﨑信長、川栄李奈、そして、本作がアニメーション映画初監督作となるloundraw監督が参加した。

 

※  ※  ※

 


演者たちが語る独特なアフレコ現場&『サマーゴースト』のキャラの魅力!

 

 本作は、気鋭のイラストレーターloundraw(ラウンドロー)が監督を務め、小説家の安達寛高(乙一)が脚本を務めるオリジナル短編アニメーション作品として、現在公開中。ネットを通じて知り合った高校生、友也、あおい、涼は、都市伝説として囁かれる「通称・サマーゴースト」を探すため、花火をして彼女を呼び出そうとするところから物語が始まる切ない青春ストーリーだ。
 アニメーション監督デビューのloundraw監督は「生きていることに疑問を持っている子たちが幽霊に出会って、ひと夏の経験をするお話。映画を観てくれた方々が一歩前進するきっかけになればと思って作りました。4人のキャラクターの心の動きを意識して、誰もが共感できる物語を目指しました」と解説。
杉崎友也役の小林は「絵が最初から最後まで美しくて、スクリーン映えする作品。40分とは思えない濃密な時間が描かれた作品です」と太鼓判を押した。
 春川あおい役の島袋は、島﨑演じる涼からのセリフが印象的だと明かし、「寄り添ってくれる言葉。心にスッと入ってくる優しい言葉でした」と作品への思い入れを語った。

 ついで、小林涼役の島﨑は「この作品はドラマチック過ぎないのがいいと思います。キャラクターそれぞれはアニメの登場人物ではあるけれど、ちゃんと作品世界の中で生きている。生きているからこそ細かい所作や感情が随所に感じられる」と人間ドラマとしての魅力を熱弁。
 一方、サマーゴースト役を演じた、川栄は、小林千晃の声に「めっちゃいい声だな、と聞きいってしまいました。今日直接お話をして『はい』と返事されたときも声が良すぎて二度見しました」と小林の声に魅力を笑顔でコメント。loundraw監督のこだわりでアフレコ収録は座りながら行われたそうで、異例の収録スタイルに川栄は「騙されているのかと思いました」とドッキリを疑っていた。

 彼らが織りなす「生」と「死」をめぐる、忘れられない夏を描く本作。ぜひ、鮮やかな映像美とともに、彼らが演じたキャラクターが映画の中を生きる姿を感じ取ってほしい。

 

INFORMATION

(c)サマーゴースト

『サマーゴースト』

【CAST】
杉崎友也役:小林千晃

春川あおい役:島袋美由利

小林涼役:島﨑信長 

佐藤絢音役:川栄李奈

【STAFF】
原案/監督:loundraw
脚本:安達寛高(乙一)
キャラクター原案:loundraw
音楽:小瀬村晶、当真伊都子、Guiano、HIDEYA KOJIMA
企画:FLAGSHIP LINE
アニメーション制作:FLAT STUDIO
製作・配給:エイベックス・ピクチャーズ

 

 

公式サイト:https://summerghost.jp
公式Twitter:@summerghost_PR
本予告公開URL:https://youtu.be/DLMF3GxXVYM
(c)サマーゴースト