声優・堀江瞬さんが映画への愛情を語り尽くした書籍『SHUN HORIE ホリエル、シネマる。 1st PHOTO BOOK』。今回は、同書で語りおろした恋愛映画を語るコーナーから、そのダイジェストを再編集してお届けします。映画好き&声優ならではの視点と切り口で、オススメポイントを教えていただきました。

 

※   ※   ※ 

 

堀江瞬おすすめの恋愛映画
『エターナル・サンシャイン』(2004年)
『生きてるだけで、愛。』(2018年)
『キャロル』(2015年)

 

忘れたいけど忘れたくない記憶が「いま」を作っている

 

Q.堀江さんらしいセレクトで、一筋縄ではいかない恋愛模様が描かれた作品が多いですね。最初は『エターナル・サンシャイン』からいきましょう。これは、ジム・キャリー演じるジョエルが、恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)の記憶を忘れる手術を行うことから始まる、恋と記憶をめぐるお話です。


「この映画は高校生のときに観ました。内容が難しかったのですが、惹きつけられるものがあって。最近、観直して、ようやく自分なりの解釈ができてきた感じがありますね。それは僕自身が、忘れたいけど心のどこかでは消したくない思い出ってあるよな、という心境になってきたこともあります。それまで、大人になって思い出したくない記憶のことをウジウジ考えるのはみっともないように思っていたし、大人なら過去の楽しくない記憶を割り切って生きていくのが正解だと思い込んでいた。ただ、この映画を観ると、そういう記憶があってこそ今があるんだなとも思えるんです」


Q.まさにジョエルの葛藤はそこにあるわけですが、どういったところに作品自体の魅力を感じますか。


「映画で描かれる時間軸は錯綜しているのですが、ヒロインのクレメンタインの髪の色で時系列をわからせるところのギミックがおもしろいですよね。ただ、ちょっと気持ち悪さもあって。彼の記憶が消えていく過程を、その記憶消去をする研究者たちが、彼の過去を覗き見ているのですが、その生理的な気持ち悪さも、僕としては好きなポイントです(笑)」


Q.この映画では、ジョエルが記憶を消した段階で、クレメンタインも記憶を消していますが、なぜ彼らが相互に記憶を消したのか明確な答えはありませんね。


「ふたりともきっとすごく不器用で似た者同士でもあるんですよね。そして、記憶をせっかく消したのに巡り合ってしまうふたりでもある。多分、彼らって本当に惹かれているから、何度はなればなれになっても出会ってしまうんだと思うんです。だからこそ、記憶を消す行為に何の意味があるのか。そこを考えるだけで、観方が広がっていく映画だと思います」

 

「普段は感情移入しないのに、自分を重ねて観てしまいました」

 

Q.『生きてるだけで、愛。』は趣里さん演じる過眠症の主人公・ヤスコと、菅田将暉さん演じる記者・津奈木のふたりの関係が描かれます。


「僕はヤスコの気持ちがわかりすぎてしまうんです。生きることの難しさをすごく痛感するし、その中で必死に生きている。普段、恋愛映画で感情移入はしないのですが、この映画に関しては、自分と重なる部分が多いからこそ他人事ではない感じはありました。彼女自身は鬱の傾向もありながら、懸命に生きている。けれど、セリフであるように『私のことをみんなに見抜かれている』という意識がずっとある。表面上ごまかせたと思っても、僕も周りの人に見抜かれているように感じることがよくあります」


Q.どんな部分がご自身と主人公で重なりましたか。


「当たり前のことができないことです(笑)。対人関係でも臨機応変に対応すればいいのに、一つのことが実現できないと思うと他の全てがどうしていいかわからなくなったり。そういえば、この映画でヤスコが突如走り出すシーンがあるんですが、そこは本当にびっくりして。こういうことをやる人が僕以外にいるんだって思ったんです。僕は、彼女のように服は脱がないですけど、いても立ってもいられなくなって、急に走り出すことはよくしていましたね(笑)」

 

<過去記事>

「ホリエル、シネマる。リバイバル」

 

『SHUN HORIE ホリエル、シネマる。 1st PHOTO BOOK』では、他にも堀江さんのオススメ映画を紹介しています。詳細はコチラ!

『SHUN HORIE ホリエル、シネマる。 1st PHOTO BOOK』

発売中
定価:2,200円 (本体2,000円)
判型:B5判
出版社:双葉社
ISBN 978-4-575-31596-7

PROFILE
●堀江 瞬 Shun Horie
5月25日生まれ。大阪府出身。15年に声優デビュー。近年の主な出演作: 『ヴィジュアルプリズン』(ロビン・ラフィット)、『魔王イブロギアに身を捧げよ』(イブロギア)、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(チウ)、『ドラゴン、家を買う。』(レティ)、など。19年にKiramuneレーベルにて、SparQlewのメンバーとしてCDデビュー。アーティストとしても活動中。