2022年2月25日より全国公開される劇場版アニメーション『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』の本予告、ティザービジュアル、新規場面写真が公開された。

 

※   ※   ※

 

 

 


累計2,800万DLの超人気ゲームが豪華制作陣&声優陣によって劇場版アニメーションに

(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

 

『DEEMO サクラノオト』は、全世界累計2,800万ダウンロードを突破する超人気音楽リズムゲーム「DEEMO」を原作とする、劇場版アニメーション。

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の脚本や『BLOOD+』の監督・シリーズ構成・演出・脚本を手掛けた藤咲淳一が総監督を務め、新進気鋭の監督・松下周平を起用。『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』などで話題となったイラストレーターのめばちがキャラクターデザインを、主題歌・イメージソングを『鬼滅の刃』など話題作を手掛ける梶浦由記が担当する。

また本作には、竹達彩奈、鬼頭明里、佐倉綾音ら人気声優陣が参加。さらに声優キャストとして、丹生明里、濱田岳、渡辺直美、イッセー尾形、松下洸平、山寺宏一の参加が先日発表され、大きな注目を集めている作品だ。

 

世界中の音楽ゲームファンを唸らせた話題のゲーム「DEEMO」

(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

「DEEMO」はピアノをコンセプトに据えた、超人気音楽リズムゲーム。ピアノを弾く謎の生き物“Deemo”の前に、ある日空から女の子が降ってくる。Deemoはピアノの音色によって伸びる木を成長させて、女の子を元の世界に戻そうとする――。

ピアノをコンセプトに据えたこのゲームは、旋律の美しいクラシックからロック・ジャズなどジャンルにとらわれないオリジナル楽曲のクオリティの高さと、緻密に計算されたリズムやメロディから得られる圧倒的な演奏感で、アジア圏を中心に大ヒットを記録。世界中の音楽ゲームファンを唸らせた話題作だ。

 

名曲「Dream」「ANiMA」に加え、梶浦由記が制作した主題歌が入った本予告

(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

劇場版『DEEMO サクラノオト』本予告

 

本予告は桜の花びらがひらひらと舞い落ちるシーンからスタート。そして少女アリスがDeemoと白いピアノの前で出会う場面、白紙が書かれた五線譜に音符が一気に楽譜が浮かび上がる様子へと続いていく。

この映像と共に流れるのが、ゲーム「DEEMO」でプレイヤーが最初にプレイする楽曲「Dream」、難易度が高い“超絶技巧”の人気楽曲「ANiMA」。さらに『鬼滅の刃』『ソードアート・オンライン』シリーズなどで活躍する梶浦由記が本作のために書き下ろした主題歌「nocturne」も収録されている。

また本作の歌姫オーディションで約1,400名の中からグランプリに輝き、主題歌「nocturne」を歌うHinanoは、弱冠15歳。2022年2月23日1st EP「nocturne」でデビュー。

 


【INFORMATION】

 

 

 

 

 

 

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』

2022年2月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

出演:
竹達彩奈 丹生明里(日向坂46) / 鬼頭明里 佐倉綾音
濱田岳 渡辺直美 イッセー尾形 松下洸平 / 山寺宏一

原作:Rayark Inc.「DEEMO」
総監督:藤咲淳一
監督:松下周平
脚本:藤咲淳一・藤沢文翁
キャラクターデザイン:めばち
主題歌制作:梶浦由記
主題歌:Hinano「nocturne」(PONY CANYON)
制作:SIGNAL.MD Production I.G
製作・配給:ポニーキャニオン

公式サイト:deemomovie.jp
公式 twitter:@DeemoMovie

(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会