音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』が、プロジェクト初の試みとなる3DCGライブ『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3DCG LIVE “HYPED-UP 01”』を開催した。

 

※   ※   ※

 

2021年12月18日・19日に大阪・インテックス大阪にて全6公演が行われ、好評を博したこのライブ。その千葉公演として1月8日・9日・10日の3日間、幕張メッセにて全7公演が行われた。その最終公演のレポートをお届けする。

 

イケブクロ・ディビジョンBuster Bros!!!(Photo by: 山副圭吾、今元秀明)

 

初の「3DCG LIVE」で総勢18名のキャラクターが登場!

 

2017年11月開催の「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 1st LIVE@イケブクロ アニメイトガールズフェスティバル2017」から、2021年8月7日(土)・8日(日)に行われた「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE《SUMMIT OF DIVISIONS》」まで、有観客・無観客を合わせて7回のライブを行ってきたヒプノシスマイク。そしてこれまでのライブは、キャラクターを演じる声優陣がステージに立ち、パフォーマンスを展開するという構成で展開された。しかし今回のライブは「3DCG LIVE」と銘打たれたように、ステージ上に据え付けられたスクリーンに、6ディビジョン総勢18名のキャラクターが3DCGで登場し、ヒプノシスマイク楽曲をパフォームするという、これまでのライブとは大きく内容と構造が変わった新機軸のライブとなった。

 

easy Rこと飴村乱数を擁するシブヤ・ディビジョンFling Posse(Photo by:山副圭吾、今元秀明)

その会場となった幕張メッセにはその新たな試みを目撃しようと、開演前から多くのファンが集い、ライブのスタートを待ちわびる。また、それぞれの推しのキャラクターグッズや、ディビションカラーを取り入れたコーディネート、そしてコスプレなどを通して、思い思いにこのライブへの期待を高める姿も印象的だ。

 

多くのファンで埋め尽くされた会場のBGMが鳴り止み、会場の明かりが消えると、ステージでは火柱が上がり、Fling Posse VS MAD TRIGGER CREWのバトル曲『Reason to FIGHT』を作編曲したDJ、“TeddyLoid”を擁するバンド隊が登場。早速、客席からの拍手に導かれるように、センタースクリーンには18名のキャラクターが登場し、ライブはヒプマイのアンセムとも言える『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- +』からスタート。両サイドのスクリーンでは、パートを歌うキャラクターがアップで映し出され、いわばセンターステージで歌うアーティストをクローズアップして映すスクリーンとして機能することで、通常のライブと同じような感覚で3DCGライブを体験することが出来たのも興味深い。

また生で観ると予想以上にキャラクターの動きがスムーズで、この曲での伊弉冉一二三のシャンパンコールの盛り上がりは、これまでのヒプマイライブとも遜色のない熱気を感じさせられた。

 

シンジュク・ディビジョン麻天狼(Photo by:山副圭吾、今元秀明)