2021年4月に放送されて、話題を呼んだアニメ『オッドタクシー』。
キャラクターたちのかわいいビジュアルを裏切る、本格ミステリー・サスペンスで視聴者を大いに動揺させた本作が、TVシリーズを再構成させて、衝撃の最終回のその後も描かれる『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』として、2022年4月1日(金)より全国公開!
3月16日に、その完成披露舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿で開催された。その模様をレポート。

 

※   ※   ※

 

ミキとダイアンが盛り上げる、アフレコ裏話!!

 

小戸川役の花江夏樹。

映画上映前の舞台挨拶に登場したのは、主演の花江夏樹をはじめ、飯田里穂、お笑いコンビのミキ、ダイアン、そして木下麦監督。
まず初めに自身が演じた“変わり者の41歳タクシードライバーの小戸川”について聞かれた主演の花江は、「なぜ僕なのか?と思ったけれど過去を知るうちに納得。自分の中でスッと腑に落ちる部分がありました。アフレコも楽しかった」と自身の演技への手応えを語った。
続いて、謎多き看護師・白川を演じた飯田は「序盤は黒幕ではないかと思うくらいミステリアスな女性でしたが、そこから物語を追う中で人間味が生まれていった」と自身が演じた役を演じての感想をコメント。
TVアニメでの声優経験について聞かれたミキとダイアン。警察官の大門兄弟の弟役を演じたミキ・亜生は、自身の声優経験について「僕はディズニー作品で声優経験済!」と胸を張ると、ダイアンのユースケと津田も「俺たちもアニメ『ブラック・ジャック』に出ています」としたり顔。タクシードライバーを憎む警察官兄弟の大門兄役の昴生のみ今回が声優初挑戦ということがわかり、亜生から「お兄ちゃん一人だけや!」と言い放たれ、仲間外れにされる姿が会場の笑いを誘っていた。

 

ミキ・昴生は警察官の大門兄役
警察官・大門弟役はミキ・亜生。

そんな昴生は放送時の周囲の反響について「芸人仲間から『すごく面白い! 麒麟の川島さんとか大絶賛。かなり反響がありました。僕は二日しか関わっていないのにも関わらず『あざっす!』と言っておきました」と得意顔に語るも、亜生から「アフレコではNGばかり。監督から一言ずつダメ出しを受けていましたよ」と、まさかの暴露もあった。

一方、ダイアンの二人が演じたのは、関西から上京したものの、いまいち売れないお笑いコンビのホモサピエンス。ユースケは「芸人役ということで僕の地が出てもダメ。監督とは『どんなプランニングですか?』と意見のぶつかり合いがありました」となぜか名優風に回想。それに対して津田は「え? 監督に言われたままやっていたやん! しかも『プランニング』って今日ずっと言ってるし! 昨日覚えたん!?」と悲鳴を上げていた。その津田もアフレコの感想を聞かれると「楽しませてもらったというか…楽しかったです」と中身ゼロの返答し、登壇者全員から即座に「内容うすっ!」と総ツッコミを受けていた。

 

ヒロイン・白川役を演じた飯田里穂。

花江が語る「エンドロール」の謎にワクワクが膨らむ一幕も

 

TVシリーズを振り返り、どう思ったかを聞かれると、花江は「説得力とストーリーの面白さで一日で全話観てしまうくらい面白かった」と作品の面白さをあらためて絶賛。飯田も「あのセリフはここに掛かっていたのかとか、ハッとする気づきがあった」と一視聴者としてもゾッコンだったことを告白した。
そんなキャストたちが見せる和気あいあいぶりに、木下監督は「みなさんそれぞれキャラクターに合っている。改めて成功だと思った」とキャスティングに手応えを得ていた。

 

芸人コンビ「ホモサピエンス」柴垣役はダイアンのユースケ。
芸人コンビ「ホモサピエンス」の馬場役は津田篤宏(ダイアン)。

なおイベント内で、入場者特典が「未公開証言入り木下監督描き下ろしステッカー」であることが発表。ステッカーをめくると中から劇中未公開の証言メモが出てくる仕様になっており、絵柄は木下監督が、証言は脚本・此元和津也がそれぞれ描き下ろしている。
ヤノ、柴垣、二階堂&市村&山本の証言メモがランダムで配布される。本作を見た後に、その意味がわかる内容になっているこの証言メモは、4月1日〜7日まで公開劇場で配布されるとのこと。

 

入場者特典の「未公開証言入り木下監督描き下ろしステッカー」。ヤノ&二階堂、柴垣、市村&山本の3種より、お一人様1枚がランダムで配布予定。

最後に花江が、「エンドロールを隅々まで見逃さないでください。そして4月1日以降、最後の最後に何か面白い仕掛けがありそうなので、4月1日以降もこの映画を楽しんで見てください!!」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

公開以降も目が離せない、『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』。その物語を劇場で見届けよう!

『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』完成披露試写会概要
■日時:3月16日(水) 14:00〜14:30
■場所:TOHOシネマズ新宿 スクリーン7(東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル3階)
■登壇者:花江夏樹、飯田里穂、昴生 / ミキ、 亜生/ ミキ
     ユースケ / ダイアン、津田篤宏 / ダイアン、木下麦監督 (敬称略)
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

 

『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』

STORY
偏屈で無口な変わり者の小戸川。
彼は個人タクシーの運転手として街を流しながら、なるべく他人と関わらないように、平凡な日々を過ごしていた。
ところが、ある日思い掛けず『練馬区女子高生失踪事件』に巻き込まれてしまう。事件には、億を超える巨額の金、目的不明の半グレ集団、売り出し中のアイドル、カリスマ化されていく大学生など、様々な事物が絡み、混沌としていく。
それでも、ある計画の実行をきっかけに、事態は一気に収束。一連の出来事は、多くの悲しみや不条理をはらみながら、いったんの結末を見た。
――かに思われた。
関わっていた人々は、口々に証言する。“あの時一体何が起きていた”のかを。
それらを繋ぎ合わせることで浮かび上がってくる、事件の新たな輪郭。
一人のタクシードライバーの “人生を一変させるような出来事”がカタチを変え、運命の歯車は再び揺さぶられていく。

 

《作品概要》
『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』
出演:花江夏樹/飯田里穂/木村良平/山口勝平/三森すずこ/小泉萌香/村上まなつ
昴生 亜生 (ミキ)/ ユースケ 津田篤宏(ダイアン)/たかし(トレンディエンジェル)/村上知子(森三中) 
浜田賢二/酒井広大/斉藤壮馬/古川 慎/堀井茶渡 
汐宮あまね/神楽千歌/虎島貴明/METEOR
■企画・原作:P.I.C.S.
■脚本:此元和津也 
■監督:木下麦
■副監督:新田典生 
■キャラクターデザイン:木下麦・中山裕美 
■美術監督:加藤賢司 
■色彩設計:大関たつ枝
■撮影監督:天田 雅     
■編集:後田良樹
■音響監督:吉田光平     
■音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
■音楽:PUNPEE VaVa OMSB 
■音楽制作:ポニーキャニオン 
■音楽制作協力:SUMMIT, Inc.
■アニメーション制作:P.I.C.S. × OLM
■配給:アスミック・エース
■製作:映画小戸川交通パートナーズ

©P.I.C.S. / 映画小戸川交通パートナーズ
公式サイト:oddtaxi.jp
公式twitter:@oddtaxi_
公式Instagram:@oddtaxi_
公式Tiktok:@oddtaxi