2022年6月にアーティストデビュー10周年を迎える寺島拓篤に、単独インタビューを敢行! 全5回のインタビューのうち、第3回目は、5月11日リリースのベストアルバム『LAYERING』のDISC2の収録曲についてのエピソードや曲順のこだわりについて語ってもらいました!

 

※ ※ ※

 

全曲通して聴くことでストーリーを感じてほしい

 

ーーDISC2は、寺島さん自らがセレクトした楽曲10曲が収録されていますが、とくに思い入れのある曲や、楽曲にまつわるエピソードをお聞かせいただけますか。

 

ファーストアルバム『NEW GAME』に収録されたヒャダイン(前山田健一)さん作曲の「あいのうた」は、僕の中でとても印象深いです。だって初めてのアルバムで、自分の声を加工して女性パートを作って入れるってなかなか攻めてませんか?(笑)。この曲を少し前の「おれパラ」で歌ったときに、出演しているアーティストたちとそれぞれのファンの方々との間にある大きな愛をものすごく感じたんです。歌詞の内容は一組のカップルの話ですが、「おれパラ」で「あいのうた」を歌った瞬間にすごく大きな愛に包まれるような感覚になったのがとても印象的でした。

 

2014年10月29日発売2ndアルバム「PRISM」

ーー他にもライブで印象に残った曲はありますか。

 

僕が音楽活動を始めたきっかけのひとつでもあるG.Addict(ジーアディクト/「グラール騎士団」のメインキャスト梶裕貴・阿部敦・寺島拓篤・堀江一眞の4人で結成された音楽ユニット)の楽曲を書いてくださったR・O・Nさんに、ソロデビュー当時作っていただいた「HERO」ですね。この曲はライブで歌うとすごく気持ちが良いのでこれからもどんどんやっていきたいですし、ファンの方が声を出せるパートもたくさんあるので、いつか状況が落ち着いたら会場で思いっきり声を出してもらいたいです。

 

2015年11月18日発売4thシングル「INNER STAR」

ーーアレンジやサウンド面で特にこだわった曲はありますか。

 

僕は自分が好きな作品やキャラクターをモチーフにして楽曲を作ることが多いのですが、DISC2の中でラブバラードっぽい立ち位置の「君の季節」もそうで、“とある人たちが歌っていそうな曲”というイメージで作りたかったので、作曲家さんもその筋の方にお願いしました。

 

ーーリリース当時からすでにそのことに気付いている方も多いのでは?

 

歌詞の中にキーワードとして入れていたりするので、たぶん多くの方が気付いていると思います。“この曲ってもしかして?”と発見するのって楽しいじゃないですか。なので、もしもまだ気付いていない方がいたら探してみてください。

 

ーー今後楽曲制作をお願いしてみたい作家陣はいらっしゃいますか。

 

ずっと前からお願いしたいと思っている方がいるのですが、なかなかタイミングがなくてまだ実現していないんです。そこは、いつかファンのみなさんに“そうきたか!”と驚いていただけるようなスペシャルなタイミングで発表できたらいいなと思っています。

 

ーーちなみにDISC2の曲順はどうやって決められたのでしょうか。

 

なるべくジャンル被りしないように考えつつ、ライブのセットリストをイメージしながら決めました。ただ、10曲しか収録されていないので、実際にやるとなるとミニライブくらいの曲数ですけどね(笑)。全体的にセクションっぽい流れになると思うので、実際にやったらおもしろくなりそうですよね。

 

ーーライブでも聴きたいですし、何度でもリピートしたくなるようなストーリー性のある曲順になっていると感じました。

 

ありがとうございます。いまはサブスクで聴く方も多いですし、アルバムを1曲目から通して聴く機会が減っていたりもしますが、僕としては全曲通して聴いてもらって、DISC2の持つストーリーを感じていただけたらうれしいです。

 

ーーDISC1と2を通して聴くと、寺島さんの歌い手としての表現力の幅広さに驚かされます。

 

僕自身、10年間音楽活動をやってきてわかったのは、歌はずっと模索していくものなんだなということ。当時は“これしかない”みたいな感覚で歌っていましたが、ライブだと同じ曲が全く違う歌い方になったりするので、CDに収録されたあとも楽曲としての進化の余地は残っているんですよね。そこに気付いてからは、その変化を意識して歌入れするようになりました。

 

ーー他に、今回ご自身の中で改めて変化を感じた部分はありますか。

 

僕が音楽活動をしていることの根底にはファンのみなさまへの感謝の気持ちがあるので、そういう意味での変化はなかったですし、これからもそこは大事にしていきたいと思っています。ただ、歌の表現の仕方や音楽との向き合い方に関してはだいぶ変わってきているんじゃないかなと。この10年間、音楽を続ければ続けるほど様々なことにチャレンジできていますし、歌詞も初期の頃よりももっと深く意味を考えながら書くようになりました。デビュー時と比べておもしろい楽曲をお届けできるようになっていると感じているので、これからもリリースを楽しみにしていてください!

 

文/奥村百恵

 

※※※※※

インタビュー第4回目は、明日公開予定!

 

「WEB声優MEN」の寺島拓篤インタビュー&関連記事はコチラ

 

《INFORMATION》
寺島拓篤 Best Album「LAYERING」
好評発売中

 

通常盤
初回限定盤

 

【初回限定盤】
5,500円(10%税込価格 6,050円) / LACA-39892~3 CD(2枚組)+オリジナルグッズ「TAKUMA TERASHIMA 10th Anniversary リボンキーホルダー」

 

【通常盤】
3,500円(10%税込価格 3,850円) / LACA-9892~3 CD(2枚組)

 

[DISC 1]
歴代シングル・アルバムのリードトラックと書き下ろし新曲を含む計16曲収録

Architect
magic words
スターテイル
SCARLET SIGN
Prismatic World
INNER STAR
0+1
sunlight avenue (TVアニメ『SERVAMP-サーヴァンプ-』ED主題歌)
evolve
ID
Nameless Story(TVアニメ『転⽣したらスライムだった件』オープニング主題歌)
メグルモノ (TVアニメ『転⽣したらスライムだった件』オープニング主題歌 第⼆弾)
Buddy, steady, go! (『ウルトラマンタイガ』オープニングテーマ)
UNBREAKABLE
Reincarnate (TVアニメ『転⽣したらスライムだった件 第2期』エンディング主題歌 第⼆弾)
GRATEFUL LAYERS

 

[DISC2]
寺島拓篤セレクション これまでリリースした全楽曲の中から寺島拓篤⾃らがセレクト!

ファントムライツ (スマートフォンアプリ『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』主題歌)
MONSTER
HERO
ビビッドナイトフィーバー! 
JUMBLE TOWN
Special Day
あいのうた
君の季節
光の在処
WHAT A WONDERFUL WORLD!

 

PROFILE
寺島拓篤 てらしま・たくま
⽯川県出⾝、12⽉20⽇⽣まれ。アクセルワン所属。TVアニメ「創聖のアクエリオン」アポロ役で華々しいデビューをかざり、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』⼀⼗⽊⾳也役やTVアニメ『EDENS ZERO』シキ・グランベル役などの主役をはじめ、多数のアニメ・ゲーム作品の声をあてる⼈気の男性声優の⼀⼈。数々のキャラクターソングを歌いこなす歌唱⼒の⾼さと、ライブパフォーマンスも業界屈指。
2022年6⽉にアーティスト活動10周年を迎える。

 

【寺島拓篤 アーティスト公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UC2XXSJBvNygj81VPOJmCu-g
【寺島拓篤 Twitter】
https://twitter.com/Terashima_dayo
【寺島拓篤 アーティストHP】
https://www.lantis.jp/artist/terashimatakuma/