2014年から2015年にかけて放送されたTVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』をベースにした全5部作の劇場版『Gのレコンギスタ』。その第4部である「激闘に叫ぶ愛」がいよいよ公開され、7月23日の舞台挨拶に主演の石井マーク、嶋村侑、佐藤拓也、逢坂良太に加え、総監督の富野由悠季が登壇した。

 

※ ※ ※

 

「目の数が足りないほどの情報量」(佐藤)

©創通・サンライズ

劇場版『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」公開記念舞台挨拶
【開催日】2022年7月23日(土) 12:10-12:40
【場 所】新宿ピカデリー シアター1
【登壇者】石井マーク(ベルリ・ゼナム役)、嶋村侑(アイーダ・スルガン役)、佐藤拓也(マスク役)、逢坂良太(クリム・ニック役)、富野由悠季総監督  MC:綾見優希

 

富野由悠季監督最新作となる、『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」が7月22日(金)から公開がスタート。翌7月23日(土)に本作の公開記念舞台挨拶が新宿ピカデリーにて行われた。

舞台挨拶には、富野由悠季総監督、ベルリ・ゼナム役の石井マークさん、アイーダ・スルガン役の嶋村侑さん、マスク役の佐藤拓也さん、クリム・ニック役の逢坂良太さんの5名が登壇。

まずは、それぞれがひと言ずつ挨拶。石井さんが冒頭で、来場者に「すでに第4部を見た方」と聞いたところ、約半数が挙手。そのファンの熱量の高さに登壇者も驚かされていた。嶋村さんは「第3部も盛り上がっていたと思ったのですが、第4部はもっとすごい『G-レコ』になっていますので、ぜひ楽しんでください」と語り、佐藤さんは「見る度に印象が変わり、目の数が足りないほどの情報量なので、宇宙酔いに気をつけてください」と第4部の始まりに向けて挨拶。上映開始前の舞台挨拶ということで、キャスト陣がネタバレを気にする中、富野監督は「ネタバレというのが、僕の年代では全く分かりませんが、ネタバレをしても面白いのが『G-レコ』なんだから」と、ネタバレを気にせずにトークを楽しんで欲しいという意味を込めて挨拶。キャスト陣も「そうだ!」と呼応して、多少のネタバレは気にせずトークがスタート。

まずは、本日の登壇者のファッションをチェック。キャスト陣も石井さんと嶋村さんは劇中にも登場するGメタルのネックレスを着用。佐藤さんと逢坂さんは自身の演じるキャラクターが搭乗するモビルスーツがプリントされたTシャツを着用。富野監督はGキャップにジャケット姿で「『G-レコ』はガンダムじゃないって言っているけど、ジャケットはガンダムです」とコメントし、観客の笑いを誘いつつ全員がこだわりの衣装で登壇していることが語られた。

 

観客と共にライブ感覚を味わえる劇場という場所

©創通・サンライズ

最初の問いは、ついに第4部が公開されたことについて。

石井さんは「やはり予告編でも一部公開されているマスクとの戦闘シーン。その表現がすごいと思ったので、ぜひそこに注目して欲しいなと。それ以外にも見所はたくさんあるので、皆さんが思うように見ていただければと思います」と名シーンへの思い入れを語った。

続いて嶋村さんは「実は、昨日劇場でお客さんとして観たんです。すごい迫力でした。これをたくさんの人に見てもらえるんだなと、今はすごくワクワクしています。みなさんの感想をSNSで読みたいので、ぜひ発信してください!」と興奮冷めやらぬ様子で感想を語ってくれた。

佐藤さんは「いろんな映像がウェブやサブスクで見ることができる中で、チケットを買ってこうして映画館に足を運んでもらえて、すごく幸せな作品だなと思っています。能動的に劇場に来てもらったからこそ残るものがある作品なので、最後までお楽しみください!」と来場したファンたちに感謝の気持ちを述べた。

逢坂さんは「アフレコをしたのがつい最近なので、正直熱も冷めやらぬまま公開を迎えてビックリしています」と、まさに完成したばかりである本作の感想を語った。

富野監督は「アニメの仕事をやっていて、ライブ感覚を持つとは思ってもいなかった。でもこの作品をやってきて4本目の公開を迎えてつくづく思うのは、やはり作品は観客がいて、劇場に来てくれて、それをみんなで一緒に観る、そういうものを作れることが芸能の仕事であり、アニメも芸能の一部なんだということを実感させてもらっています」と、観客と共にライブ感覚を味わえるこの場を迎えられた嬉しさを滲ませた。