鈴鹿央士&飯豊まりえが夏の思い出を語る「水風船でびちょびちょに…」『夏へのトンネル、さよならの出口』