TABILISTA:タビリスタの注目記事 注目記事

TABILISTA:タビリスタの新着記事 新着記事

タイ、ラオス、ミャンマー。3国の国境が交差するポイント、ゴールデン・トライアングル〈前編〉【越えて国境、迷ってアジア vol.66】室橋裕和
2021.12.4
タイ、ラオス、ミャンマー。3国の国境が交差するポイント、ゴールデン・トライアングル〈前編〉【越えて国境、迷ってアジア vol.66】室橋裕和
タイ、ラオス、ミャンマー。3国の国境が交差するポイント、ゴールデン・トライアングル。タイ側からは、ラオス、ミャンマーに、それぞれ国境を越えて遊びに行くことができるのだ。メコン河に漕ぎ出し、褐色の水面を縦横に渡りながら、国境を行き来する旅となる。(2018年)
「近所にあれば通いたい!」沖縄県読谷村にあるナチュラルワイン専門店『un deux trois(アン ドゥ トロア)』でオーナーのシズル感溢れる言葉に惹かれ購入したワインの酔い思い出【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 6】横山 希
2021.12.4
「近所にあれば通いたい!」沖縄県読谷村にあるナチュラルワイン専門店『un deux trois(アン ドゥ トロア)』でオーナーのシズル感溢れる言葉に惹かれ購入したワインの酔い思い出【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 6】横山 希
わたしにとって旅先でワインを飲むことは宝物が増えていく感覚に似ている。 酔い思い出は鮮明でキラキラしているし、同じワインを飲むと旅の記憶を呼び覚ます。  移住した旧友に唐突に会いに行った沖縄。 前日…
台湾人にとって貴重な食材「海鮮」は、大事な日に食べる特別な料理!【台湾の人情食堂 vol.139「台湾人が本当に好きな食べ物〈8〉」海鮮」】光瀬憲子
2021.12.3
台湾人にとって貴重な食材「海鮮」は、大事な日に食べる特別な料理!【台湾の人情食堂 vol.139「台湾人が本当に好きな食べ物〈8〉」海鮮」】光瀬憲子
文/光瀬憲子  豚肉大国の台湾の人々は牛肉やガチョウ肉をありがたがると書いたが、台湾人がハレの日に食べたがるのは肉より海鮮である。大人数でテーブルを囲む日は、正月や大晦日から忘年会、結婚式などに至る…
“両さん”の亀有から“寅さん”の柴又、矢切の渡しへ! 海外へ出られない国境マニアが、旅人の大先輩である寅さんを偲び (?) 映画『男はつらいよ』の舞台、東京・千葉・埼玉3都県が接する江戸川沿い3国国境を歩く【越えて国境、迷ってアジア vol.99】室橋裕和
2021.12.3
“両さん”の亀有から“寅さん”の柴又、矢切の渡しへ! 海外へ出られない国境マニアが、旅人の大先輩である寅さんを偲び (?) 映画『男はつらいよ』の舞台、東京・千葉・埼玉3都県が接する江戸川沿い3国国境を歩く【越えて国境、迷ってアジア vol.99】室橋裕和
文と写真・室橋裕和■スタート地点は下町・亀有  JR常磐線・亀有の駅を降りると、両さんの像が出迎えてくれた。南口にはなじみやすそうな庶民的な商店街が広がり、総菜や薬や靴、たい焼きにメンチカツなど小さな…
東京の気になるニューオープンのラーメン店へ。芦花公園「成城青果」黄金出汁の塩そば、「西永福の煮干箱」絶妙ニボニボ、新宿「駄目な隣人」ブイヨンスープ、そして浜田山「たんたん亭」老舗の秀逸なワンタン麺。【自転車で巡るニッポン麺の旅 vol.11 】高山コジロー
2021.12.3
東京の気になるニューオープンのラーメン店へ。芦花公園「成城青果」黄金出汁の塩そば、「西永福の煮干箱」絶妙ニボニボ、新宿「駄目な隣人」ブイヨンスープ、そして浜田山「たんたん亭」老舗の秀逸なワンタン麺。【自転車で巡るニッポン麺の旅 vol.11 】高山コジロー
すっかり秋本番。今回は暖かい晴れの日を狙って、埼玉から八幡山・浜田山・新宿方面へ1週間で東京へ3往復の自転車で麺の旅。トータル160キロ!16時間笑。 東京・世田谷の京王線芦花公園駅周辺に気になる未訪のラ…
「オススメのお取り寄せ駅弁16選!」AKB48岩立沙穂の動画連載【さっほーの日本全国駅弁の旅 vol.2】新潟から神尾弁当部さんのお弁当をお取り寄せ!「櫻井寛さんに聞く“マニアック過ぎる!?” 駅弁屋さん情報(後編)」写真の撮り方も伝授! 
2021.12.2
「オススメのお取り寄せ駅弁16選!」AKB48岩立沙穂の動画連載【さっほーの日本全国駅弁の旅 vol.2】新潟から神尾弁当部さんのお弁当をお取り寄せ!「櫻井寛さんに聞く“マニアック過ぎる!?” 駅弁屋さん情報(後編)」写真の撮り方も伝授! 
「駅弁」が大好きなアイドル、“さっほー”ことAKB48の岩立沙穂さんの駅弁動画連載 前回に続いて、鉄道フォトジャーナリストの櫻井寛さんをゲストにお迎えしての「マニアック過ぎる!? 駅弁屋さん情報(後編)」で…
中野、新宿、渋谷の区境には何がある!? 国境マニアの国内越境ガイド、東京23区の西部「三国国境」から国境線の川を歩く【越えて国境、迷ってアジア vol.97】室橋裕和
2021.12.2
中野、新宿、渋谷の区境には何がある!? 国境マニアの国内越境ガイド、東京23区の西部「三国国境」から国境線の川を歩く【越えて国境、迷ってアジア vol.97】室橋裕和
文と写真・室橋裕和 ■新大久保から、職安通りを渡って歌舞伎町へ  出発地点は我が家のある新大久保だ。 コリアンタウンという枠を超えて、東南アジア、南アジア、ムスリム、アフリカ系など雑多な人々が住みつ…
サラーム海上【世界のレシピ】茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカ。「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」(トルコ料理)
2021.12.2
サラーム海上【世界のレシピ】茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカ。「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」(トルコ料理)
【レシピ】サラーム海上 今回のレシピは茄子を使ったトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」。茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカだ。サラーム宅ではまだまだ夏の茄子フ…
丸山ゴンザレスが地元宮城の石巻で超穴場の縄文遺跡へ!【縄文人に立ち返る石巻の旅路 ~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(後編)】
2021.12.1
丸山ゴンザレスが地元宮城の石巻で超穴場の縄文遺跡へ!【縄文人に立ち返る石巻の旅路 ~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(後編)】
『クレイジージャーニー』(TBS系)で注目を集め、“危険地帯ジャーナリスト”として活躍する丸山ゴンザレスさんは宮城県の出身。石巻市街地から車で約30分ほどの前谷地にある超穴場の縄文遺跡をリポートしてもらった。そこは、東北を代表する大地主齋藤家の敷地内にあった…。
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
2021.12.1
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
30年ほどワインに魅せられて、といいたいところだが、「赤」はガツンと重めか、やや軽めか、「白」は頭に「シャ」がついたら大丈夫(シャルドネ、シャブリ)、ちょっとハレなシーンでは「泡」というくらいな判断と…
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
2021.12.1
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
東京から石巻へのアクセスは、新幹線で仙台駅まで行き、そこからJR仙石線で石巻というルートが一般的。しかし、なにしろ飛行機が好きなもので、飛行機で行ける限りは飛行機を利用するのが我が旅の流儀。石巻へは新…
フランス人茶商も刺激を受けた、茶どころ静岡の大学生の本気度!「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」 【ステファン・ダントンの挑戦】ステファンが日本茶を語る意味(後編)〜「日本茶を売るための戦略」を若者に知ってもらう
2021.11.30
フランス人茶商も刺激を受けた、茶どころ静岡の大学生の本気度!「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」 【ステファン・ダントンの挑戦】ステファンが日本茶を語る意味(後編)〜「日本茶を売るための戦略」を若者に知ってもらう
文/ステファン・ダントン  私の使命は日本茶の生産者と消費者をつなぐことだ。単に商品としての日本茶を売るだけでは市場は育たない。目新しい商品やプロモーションで一時のブームが作れたとしても、日本茶の優…
映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん「ワインにまつわる3つのエピソード」パリの400年超えワインセラー、F・F・コッポラ邸近くナパ・ヴァレー「Opus One」のワイナリー、飲み物じゃなく芸術品!食後酒「シャトー・ディケム」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 4】戸田奈津子
2021.11.30
映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん「ワインにまつわる3つのエピソード」パリの400年超えワインセラー、F・F・コッポラ邸近くナパ・ヴァレー「Opus One」のワイナリー、飲み物じゃなく芸術品!食後酒「シャトー・ディケム」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 4】戸田奈津子
食いしん坊の私にとって、おいしい食事にワインは欠かせません。とはいえ、日頃はごく庶民的なお値段の物を適当に選んで楽しんでいるのですが、ワインにまつわる思い出のお話しはいくつかあります。  まず、世界…
「茶商としての務めを果たしたい!」フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦】ステファンが日本茶を語る意味(前編)〜「なぜ語るのか、誰に向けて語るのか」
2021.11.29
「茶商としての務めを果たしたい!」フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦】ステファンが日本茶を語る意味(前編)〜「なぜ語るのか、誰に向けて語るのか」
文/ステファン・ダントン 写真/冨田 望 ■アイディアは実現する 私の使命は日本茶の生産者と消費者をつなぐことだ。だから自分のことを「茶商」と呼んできた。日本茶ビジネスを始めたのは2005年。「なぜこれ…
ワールドワイドに活躍する音楽評論家が語る世界のワイン! トルコ・イスラエル・インド・ギリシャ・フィンランド・ポルトガル…「旅とワインと音楽と」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 3】サラーム海上
2021.11.29
ワールドワイドに活躍する音楽評論家が語る世界のワイン! トルコ・イスラエル・インド・ギリシャ・フィンランド・ポルトガル…「旅とワインと音楽と」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 3】サラーム海上
音楽の取材に加えて料理の取材を行うようになってから、行く先々でワイナリーを訪ねる機会が増えた。 トルコは紀元前4000年頃からワインが作られてきたワインの発祥の地の一つ。現在も1200種類を超えるぶどうが栽…
光瀬憲子vsチョン・ウンスク【台湾 or 韓国 コロナ明けに行くならどっち!?】 オンライントークバトルを開催!! ●12月11日(土) 16:00 START!!  
2021.11.26
光瀬憲子vsチョン・ウンスク【台湾 or 韓国 コロナ明けに行くならどっち!?】 オンライントークバトルを開催!! ●12月11日(土) 16:00 START!!  
本サイトで台湾と韓国の旅を連載する人気作家2名が、それぞれの魅力をプレゼンし合うオンラインイベントを開催することになりました。 台湾歴30年(台北在住7年)の光瀬憲子さんとソウル在住の紀行作家チョン・ウンスクさんが、渡航解禁が待ち遠しい韓国と台湾の魅力をプレゼンし合うトークバトルです。さまざまな視点で両国の魅力を鮮明にします。ぜひご視聴ください!!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 21
  7. の2ページへ