文・山田静

 

   皆さまお元気でしょうか!

 ワタクシ及び楽遊はといえば、ご想像の通り新型コロナ肺炎によりノックアウトされております!

 ただすぐに閉めたり開けたりできるのは小回りがきく小さな宿ならでは……ってことで、4月半ばから5月いっぱいの予定で休業中だ。

 ただし!ですよ。

 皆さま覚えておいででしょうか。

 当館『京町家 楽遊 堀川五条』は昨年12月から別邸増築工事に着手しており、3月末に建物引き渡し、5月には本格的にゲストの受け入れ開始、ってことで、新型コロナ肺炎が拡大しはじめた1月下旬には、すでに毎日トンテンカンテン工事の音が響いている状態だった。

 やっちまった……。

 今になってみると「やっちまった」タイミングではあるが、1月時点では正直ここまで拡大するとは予想していなかった。そして日増しに悪くなる状況の下、休業準備と別邸開業準備を同時に進めるという、自分が前と後ろ、どっちを向いてるかわかんなくなるような状態で、ひたすら走り続けるような毎日が続いた。激動だったなー……(って、まだ終わってないけど)。

 しかし、これも貴重な体験ではある。自分のメモをもとに、現在に到るまでの動きを2回に渡って振り返ってみたい。

MACHIYA27.1
静かに過ぎた2019年の大晦日とお正月
MACHIYA27.2
年越しそばを用意していた時点では、数ヶ月後どうなってたかなんて、想像もできなかった
MACHIYA27.3
今年の大晦日は夜勤担当。ゲストも出かけるか部屋に入り、ひとけのないロビーで午前0時、「ハッピーニューイヤー」とつぶやいた

 

■1月 始まりは中国からのキャンセル

 1月半ばの時点で、当館の4月の予約は9割ほど、5月も7割ほど埋まっていた。現在7室、別邸が完成すると全部で11室。増えたぶんの募集をいつ始めるのか、いくらにするのか。日本庭園も3つあり、グレードアップした別邸と本館をどういうオペレーションで運営するのがいいのか、内装はどうするのか。私の脳の5割はそれで占められ、残りの3割は現状のこまごました心配、そして最後の2割に「もうすぐ春節なんだけど、中国で怪しい肺炎が流行ってるっぽい……?」という薄ぼんやりした不安がもやもやと広がっていた。