文と写真・サラーム海上


中東フュージョンレストラン『マフネイェフダ』訪問


 2019年11月20日水曜、エルサレム。この晩からイスラエル音楽見本市「International Showcase Music Festival」(以下「ISMF」)が始まる。四日間で約30組のアーティストの演奏を観るため、料理の取材は出来なくなってしまう。そこで、お昼のうちに以前からどうしても行きたかったレストラン『Machneyuda(マフネイェフダ)』を訪れることにした。

 前回(連載#109)の記事で取り上げたエルサレム最大の市場の名前が付いたこのお店は、ロンドンにある中東フュージョン料理店『Palomar(パロマール)』(連載#13)の兄弟店。


 パロマールでは蛸とホモスを組み合わせたオクト・ホモスや、挽き肉を団子にせずに焼いたケバブ・デコンストラクテッド(脱構築ケバブ)、ビーツのカルパッチョなど、オリジナルなアイディアが散りばめられた中東創作料理をいただき、僕は目にも舌にもおおいに刺激を受けた。後にお店のレシピ本を手に入れたところ、数々のオリジナル料理のレシピが出し惜しみせず公開されていたのに驚いた。もう一つ驚いたことに、オーナーのラヨ・パスキン氏は2000年代にLayo & Bushwacka!というDJデュオで活躍していた人気ハウスDJのラヨだったことが判明した。イギリスのハウスミュージックが大好きだった僕はもちろん彼らのCDを幾つか持っていた。彼はDJを辞めた後、ロンドンやパリ、エルサレムにレストランを開き、今では国際的な外食企業の代表となっていたのだ。


 DJが始めたレストランと聞くと、肝心の味のほうが心配な方もいるだろうが、ご安心なされ! パロマールはイギリスのグルメ系ウェブサイト数箇所で「ロンドンNo.1」に選ばれ、マフネイェフダのほうも数々のグルメ系ウェブサイトで「イスラエルを代表する店」に選ばれている。

 

Saram111.1
ロンドンの中東料理レストラン「パロマール」にて。左上から時計回りに脱構築ケバブ、ファットゥーシュ(クルトン入サラダ)、ムール貝とにんじん、ビーツのカルパッチョ、オクト・ホモス
Saram111.2
自宅CD庫からLayo & Bushwacka!の2002年のアルバムをなんとか一枚だけ発見! そして愛読しているロンドンのPalomarのレシピブック


 午前中のうちに、二泊した友人フランソワーズ&アモス夫妻の家から、エルサレム新市街のホテルに移動した。そして、お昼の12時15分にマフネイェフダ市場からつながる坂道の途中にあるレストラン、マフネイェフダに到着した。開店前にも関わらず、お店の前のベンチにはすでに予約客が十名ほど腰掛けていた。12時半の開店とともに大音量でハウスミュージックが流れ始め、予約客が次々とテーブルに通された。

 

Saram111.3
マフネイェフダ市場からの坂道。右奥に目指すレストラン・マフネイェフダが!
Saram111.4
お昼時のマフネイェフダ店内。にぎやかな雰囲気が伝わってくる!

 

 お店はオープンキッチンとバーカウンター、テーブル席がある一階と、一階を三方から取り囲む細長いバルコニーの二階からなり、通りに面した扉や窓は床から天井までガラス張りで、外から明るい太陽光が入ってくる。一階には小さめのテーブルが5つ、隣の人と膝を突き合わせるくらいの距離に配置され、椅子が取り囲んでいる。更にオープンキッチンの前はカウンターテーブルになっていて5人が横並びに座るスツール席があり、その隣にはドリンクバーとカウンターテーブル、そこを取り囲んで9人が横並びのスツール席がある。僕はこのスツール席に通された。二階は細長いバルコニーに沿って大人数用のテーブルが置かれ、誕生日パーティーの団体客が入っていった。