離島の路線バスにすべて乗る……。しばらく前から考えていたことだった。バスに乗ることが本当の目的ではない。あくまでもフック。路線バスに乗り続ければ、沖縄に出合えるものがあるような気がしたのだ。

 久米島に行ってみることにした。ホテル山市から、泊に抜ける住宅街を歩く。久米島行きのフェリーは午後2時発だった。予約もしていない。フェリーはすいているはずだ。



 とまりん(泊ふ頭旅客ターミナルビル)で切符は簡単に買うことができた。フェリー代は3450円。乗船場所に向かうと、フェリー琉球という船が停泊していた。次々にコンテナを積み込んでいる。

 タラップ脇にいたスタッフに切符を渡す。

「どこでも自由に座ってくださいねー」

 その言葉を背に受け、フェリーに乗り込んだ。

 

久米島を結ぶフェリーは立派だった。1日2便
久米島

(次回に続きます)

週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫) Kindle版
週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫) Kindle版

アジアが潜む沖縄そば、脊髄反射のようにカチャーシーを踊る人々、マイペースなおばぁ、突っ込みどころ満載の看板…日本なのになんだかゆるい沖縄には、いつも甘い香りの風が吹く。基地問題で揺れ、LCCが離島にも就航した沖縄。島の空気をいっぱいに吸い込む週末旅へ。