文と写真/高山コジロー


 

3回目の緊急事態宣言発令の直前、一週間ほど新宿での仕事があり、運動不足解消もあり埼玉から自転車で通うことにした。昼食はもちろんラーメン! 3日連続の自転車de麺旅である。

 

1日目、秋葉原経由で新宿に。

秋葉原までは自宅(さいたま市)からは片道27キロ。ナビアプリ「自転車NAVITAIME」の設定速度を今回から時速15 km から12kmに変更したので、想定時間は2時間10分だ。
さいたま市から都内に入るためには笹目橋、戸田橋、もしくは新荒川大橋を渡る必要がある。国道17号は1車線道路で道幅が広く、自転車専用道路が整備されていてので車との接触が少なく走りやすい。笹目橋を渡り都内に入り、駒込、巣鴨、御茶ノ水を抜け秋葉原に到着。秋葉原駅の高架下の駐輪場に止め、反対車線の高架下に店を構える「麺処 ほん田 秋葉原本店」に向かう。

 

 

■「麺処 ほん田 秋葉原本店」@秋葉原
鴨と帆立 水曜日特別営業

 

「麺処 ほん田」は、2020年に十条から秋葉原に移転。全国で年間265杯の麺を食べ歩いた2019年、都内でもっとも多く訪れたラーメン店。移転に伴いスープ、麺を全面的に進化させパワーアップ。いつも行列の絶えない人気店だ。都内は「まん延防止等重点措置」のなかではあるが10人以上並んでいた。水曜日は本来なら定休日だが、特別営業を行っていて通常メニューにはないラーメンを提供している。この日は「鴨と帆立」(1500円)。