文と写真・サラーム海上

 

■人気レストラン『コロニーハーゲン・フログネル』の「新北欧料理」

 2019年11月2日土曜、オスロに着いて5日が経ったが、毎日、朝から深夜までワールドミュージックのフェス「オスロワールド」の取材で忙しく、本格的なレストランには行けていなかった。宿泊していた宿の朝食ブッフェがあまりに充実していたので(連載#105)、昼食や夕食はサンドイッチや宿の軽食ブッフェで十分だったせいもある。しかし、一度くらいはイケてるレストランに行って、今どきの「新北欧料理」を食べたい!

 幸いこの日は午後と深夜に外せないライブがあるものの、夕方は予定が空いていた。そこでインターネットでオスロのグルメ情報を調べ、午後5時に人気レストラン『Kolonihagen Frogner(コロニーハーゲン・フログネル)』を予約した。ネットによると、ここはグルメサイト「The World’s 50 Best Restaurants」で現在世界第55位に輝き、ノルウェーではNo.1の店「Maaemo」の元スタッフが新たに始めたお店で、デンマーク・コペンハーゲンの「Noma」(同サイトで世界第2位!)が提唱する「新北欧料理」をお手頃価格で提供しているという。

「新北欧料理」は北欧におけるフードマイレージの少ない食材、オーガニックな食材に、現代のヘルシー志向に見合ったグローバルな食材や調理法を組み合わせた料理を指す。ベリーやキノコやトウヒ、鮭や鱒、トナカイなど北欧のローカルな食材と、例えばオリーブオイルや麹、ナンプラーやガラムマサラなどのヘルシーな多国籍食材を組み合わせるのが特徴だ。要は「北欧の地産地消フュージョン料理」と言おうか。さて、夕方まで外出してお腹を空かせておこう!

 

前週にタンペレでライブを観たモロッコの女性グナワ奏者アスマ・ハムザウィー、オスロワールドにも出演
オスロ市内の食品市場とフードコートが一体化した人気スポット、マートハーレン。寿司、イタリア食材、熟成肉や和牛、チーズ、加工肉、オーガニック野菜などが美しく並んでいる

 

 午後は宿の近くの停留所から市バスに乗り、西に10km行ったフィヨルドに面したヘニーオンスタッド美術館を訪れた。ここは4000点以上の現代美術を収蔵し、草間彌生の作品も常設展示されていたが、僕の目当てはあくまで音楽。西アフリカ・ニジェールのサハラ砂漠地域に暮らすトゥアレグ人のギタリスト、オマーラ・ボンビーノ率いる「砂漠のブルース」バンド、Bombino(ボンビーノ)のアコースティックコンサートだった。

 午後2時前に到着すると、床も壁も真っ白な写真展示室の床に中東のカーペットが十数枚敷かれ、その奥に4つのパイプ椅子と簡単な音響セットが組まれていた。カーペットの上に腰を下ろし、しばらく待っていると、いつのまにかお客が150人ほど集まった。開始時間になるとアナウンスもなく、ボンビーノと3人のメンバーがするっとステージに現れた。そして、2人のパーカッショニストがリズムを叩き、ギタリストが生ギターを爪弾き、ボンビーノがボソボソ声で歌い始めた。

 実は彼らは前年もオスロワールドに出演したが、コンサートの途中で会場の電気が止まってしまい、その後はしかたなく、電気を使わずに演奏を続け、コンサートを終わらせた。そのときのアコースティック演奏が予想外に素晴らしかったため、翌年はあえてアコースティック・コンサートでの再出演を依頼したのだそうだ。

 確かに週末の午後、フィヨルドと現代美術に囲まれた環境で聴くアコースティック版砂漠のブルースは音のぬるま湯に浸かっているようで、実に気持ち良かった。床のカーペットに寝そべりながらうたた寝を始めたお客さんも目立った。

 

オスロの西のフィヨルドに面したヘニーオンスタッド美術館
ヘニーオンスタッド美術館の室内で砂漠のブルースバンド、ボンビーノのアコースティックコンサート。「普段なら昼間は寝てるよ。夜に演奏するのが僕たちの仕事だから」とのこと。客席もうたた寝率高し。中央がリーダーのオマーラ・ボンビーノ