■チュニジアの焼き野菜サラダ「サラダ・メシュイヤ」

 今回はチュニジア料理の焼き野菜のサラダ「サラダ・メシュイヤ」を作ろう。
赤パプリカと黄パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、にんにくはオーブンで焼いても良いが、ガスコンロに焼き網を置いて直火で焼けばもっと美味い! 手間はかかるが、冷蔵庫でキンキンに冷やしていただけば、そのかいがある美味さだ!

●サラダ・メシュイヤ
【材料】
赤、黄パプリカ:各1個
ピーマン:2袋(10個)
新玉ねぎ:1個(200g)
にんにく:2かけ
ハリッサ:大さじ1
レモン汁:1/2個分(大さじ2)
カイエンヌペッパー:小さじ1/2
塩:少々
EXVオリーブオイル:大さじ3
茹で卵:2個
イタリアンパセリのみじん切り:少々
ツナ缶:小1個
黒オリーブ:10粒
ケッパー:10粒


【作り方】
1.ガスコンロに焼き網を敷き、赤、黄パプリカ、ピーマン、新玉ねぎ、にんにくを置き、強火で全面が焦げるまでひっくり返しながら焼く。オーブンの場合は200度で30分焼く。皮が真っ黒になるまで焼けたら、紙袋に入れ、ふたをして20分ほど置いておく。
2.焼いた野菜の皮をむき、種やヘタを取り、汚れを水で洗い流してから、まな板に置き、包丁で細かく叩く。
3.ボウルに2の野菜を入れ、ハリッサ、レモン汁、カイエンヌペッパー、塩を加え、よく混ぜ合わせ、最後にオリーブオイルを足し、混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。
4.3を皿に盛り付け、中央に油を切ったツナをのせ、周りに縦4切りにした茹で卵を放射状に飾り、黒オリーブとケッパー、イタリアンパセリを散らす。

サラダ・メシュイヤ。赤緑黄白オレンジの色のコントラストが美しい!

*新刊『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』好評発売中!!

Saram109.24

この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』(サラーム海上・著、双葉社・刊)が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

 

 

紀行エッセイガイド好評発売中!!

 

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅