文と写真・サラーム海上

 

■最新の移動式サウナボート『コック・オスロ』

 2019年10月29日火曜午前9時、オスロの四つ星ホテル、クラリオン・コレクション・ホテル・フォルケティーテレトの朝食ブッフェでスモークサーモンやブラウンチーズなど地元の朝食をたっぷりいただき、お腹いっぱいになった僕(前回#105参照)は消化のため散歩に出ることにした。だが、日本を出る直前まで忙しく、オスロについて調べる余裕はなかったので、どこに行って何をするか、何のアイディアもなかった。


 とりあえず海を見ようと、中央駅の南側に広がるビョルヴィカ地区を目指した。オスロは南北に細長い湾、オスロ・フィヨルドの最北奥に位置する町。フィヨルドに面したビョルヴィカ地区は20世紀には工業地帯の港湾として栄えたが、水質汚染などが問題となり、工業地帯は郊外に移され、今では環境に配慮した再開発が行われている。


 駅から5分ほど南に歩くと、正面に静かな水面の藍色の海が見えてきた。その左手には白い屋根と透明なガラスの組合わせがまるで氷山のような形の巨大な建築物、オスロ・オペラハウスがドーンと構えていた。オペラハウスは通路と屋根、そして一部の壁面が平面でつながっていて、一階の入り口を目指して歩いていたが、いつのまにか屋根の上を歩いているような、まるでだまし絵の中にいる気分になる。最近ではクリストファー・ノーランの映画『テネット』で主人公2人が荒唐無稽な作戦を練る際のロケ地としてこの通路兼屋根が用いられていた。

 

午前中のオスロ中央駅前。オスロは緯度が高いので太陽は日本よりも遥かに低い位置にあり、晴天にもかかわらず、気温は7℃と低かった
2008年にビョルヴィカ地区にオープンしたオスロ・オペラハウス。前夜に知らぬ間に降っていた雪で床がツルツル滑る!

 

 オペラハウスの屋根からビョルヴィカ地区を見下ろすと、正面の埠頭に煙突の付いた小さな屋形船が二艘浮かんでいるのが見えた。なんだろう? 歩いて近づくと、埠頭沿いに『Kok Oslo(コック・オスロ)』という立て看板が出ていた。これはサウナ好きの友人から聞いていた最新の移動式サウナボートじゃないか! タンペレの6日間ですっかり北欧サウナの虜となってしまった僕には、これは天からの恵みかも? 


 コック・オスロは2階建ての屋形船。甲板の上に北欧らしいミニマルデザインの木製の四角い小屋が建っていて、四方の壁にガラス窓が設けられている。そして船尾の甲板に屋上に登る階段があり、屋上は埠頭と同じ高さになっていて、渡し通路をかければ埠頭からそのまま歩いて乗船出来る。船は施錠され、人の気配はなかったが、ウェブサイトのURLが記されていたので、その場でインターネットでアクセスした。

 すると団体客向けの貸し切りでフィヨルドを回るクルーズサウナや10人限定の一般営業など、その日ごとに営業形態が異なっていたが、運が良いことに翌朝水曜の午前7時から一般営業を行っていた。おお、急いで予約せねば! 埠頭脇のベンチに腰掛け、財布からクレジットカードを取り出してオンライン予約した。金額は200ノルウェークローネ、約2500円。

 

(左)オペラハウスの屋根からビョルヴィカ地区を見下ろすと正面の埠頭に謎の屋形船が二艘! 
(右)近づくと最新の移動式サウナボート『Kok Oslo』だった!