文と写真/サラーム海上

 

■初めての北欧フィンランド第二の街、タンペレへ

 2019年10月22日、僕はフィンランドのタンペレへと向かった。

 その一月半前の8月下旬に初訪問したポーランドに続き、今度はフィンランドとは全くサラームらしくないと思う人も多いだろう。確かにそのとおりww。実際、僕はこれまで人生において一度も北欧~スカンジナビアに行こうなどと考えたこともなかった。

(詳しくは『美味すぎる!世界グルメ巡礼』を参照)

 物価は高そうだし、食べ物もあまり美味いものはなさそう。何より寒そうで、日が沈むのも早そうだ。できることなら一年中、海やプールで泳いでいたい僕には北欧は無縁の世界だ。

 しかし、タンペレには未来のワールドミュージックを占う上で重要な仕事が待っていた。というのもワールドミュージックにおける世界最大の見本市「WOMEX」が同年はフィンランドの第二の街タンペレで開催されたからだ。

 WOMEXは「World Music Expo」の略称。ワールドミュージック産業関係者の国際交流の場として1994年にベルリンで始まり、その後、欧州圏各地を開催地としてほぼ毎年、10月に開催されてきた。要は幕張メッセで開催されている食材の国際見本市「FOODEX」のワールドミュージック版と言えばわかりやすいか。

 僕はWOMEXの存在は以前から知っていたが、2018年、スペイン・カナリア諸島州ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアで開催された年に初めて参加した。ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア郊外の大型会議場(小型版の幕張メッセのような会場)と市内のオペラハウスを会場にしてヨーロッパアフリカ中東、南北アメリカ、アジア、オセアニアの約90カ国から約60組の音楽アーティスト、フェスティバル主催者、レコード会社やマネージメント会社、僕のような評論家やDJ、そして一般音楽ファンの2500名強が参加した。

 その5日間、僕は毎晩深夜過ぎまで会場をハシゴして周り、世界中から集まった業界の友人たち再会し、新進アーティストたちのライヴを堪能した。業界をしぶとく生き延びてきた古い仲間が集い、お互いの生存を確認し、新しい仲間と祝杯を上げるという一年に一度のワールドミュージック業界のお祭り的な感覚が気に入り、以後は出来る限り毎年通うことにした。

 

サラームが初参加したWOMEX2018

スペイン・カナリア諸島州ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアの中心地。港町だけに大西洋に面している

古い業界の友人たちと乾杯!

 2020年は本来ならハンガリーのブダペストで開催される予定だったが、残念ながらコロナ禍により、今年は初めてのオンライン開催となってしまった。僕はこの10月下旬の期間中、ハンガリー時間の21時に始まるライヴを観るため、毎朝午前4時前に起き出し、Macの画面に張り付いて、約35組のライヴと特別上映された8本の音楽ドキュメンタリー映画を観て、関係者とチャットを交わした。Macの画面からでも魅力が存分に伝わってくる音楽アーティストたちも数組はいたが、前年までと比べると本当に寂しいWOMEXだった。来年、2011年はポルトガルのポルトで予定されている。どうかそれまでにコロナ禍が収束し、今度こそは無事に開催してほしい。

 

 さて、本連載では僕にとって二度目のWOMEXとなった2019年度、フィンランド・タンペレ編から書いていこう。

 フィンランドの首都ヘルシンキへは成田空港からフィンエアーとJALが毎日直行便を出していた(2019年11月16日現在、週3便で運行再開)。そして、ヘルシンキからタンペレへは電車やバスでも一時間半ほどだが、フィンエアーの国内線なら40分の近さ。そこで日本からタンペレまでフィンエアーで行くことにした。

 タンペレについて僕はほとんど前知識を持っていなかった。ちょっと調べると、タンペレはフィンランド南部の内陸にあり、人口約23万人、森と湖に囲まれた町。そして日本でもおなじみの児童文学「ムーミン」の里としてムーミン谷博物館が建てられ、さらに近年は「世界のサウナ首都」としても世界中の旅行客を集めているらしい。

 僕はムーミンにはほとんど興味はないが、サウナは行きつけのスポーツジムに併設されているので、週に2~3回は通う中級クラスのサウナーだ。なので「世界のサウナ首都」と言われると、どんなサウナが待っているのかワクワクしてしまう。いかんいかん、サウナの事前調査よりも、WOMEXに初参加する新人アーティストたちの事前調査のほうが、僕の仕事にとってはよっぽど重要なのだ!

 

WOMEX2019のメイン会場となったタンペレホールにはムーミン谷博物館が入っていた!