文と写真・サラーム海上

 

■世界のサウナの首都、タンペレの最新鋭サウナ『Kuuma』

 2019年10月22日夕方、僕はフィンランドが誇る「世界のサウナ首都」ことタンペレに到着した。その晩に訪れたフィンランド料理のファインダイニングレストラン『Dabbal(ダバル)』を紹介する前に、時間は前後してしまうが、翌23日の午前11時の開店とともに訪れた町の中心にある最新鋭サウナ『Kuuma(クーマ』から話を始めよう。

 フィンランドには18万以上の湖が存在し、その多くがタンペレが属する湖水地方にある。タンペレは北のナシ湖と南のピュハ湖の間に位置し、2つの湖をつなぐタンメルコスキ川が町を東西に分けている。

 宿からタンペレ駅を西側にくぐり抜け、そのま10分ほど西に歩くと、煉瓦造りの古い工場の建物を改装したホテルやショッピングセンターが並ぶ一角に出た。その建物の間の細い通路を通り抜けるとタンメルコスキ川にかかる橋があり、そこを渡り、南西へと蛇行している川岸を数分進むと、クーマに到着した。

 

タンペレの町を東西に分けるタンメルコスキ川にかかる吊り橋

吊り橋の脇にクーマを発見!

 このサウナはヘルシンキにある人気サウナ『Loÿly(ロウリュ)』の系列店で、最新設備のサウナとお洒落なレストランバーからなる。川に面しているため、冷水浴には川に直接飛び込めるのが特徴で、入浴料は平日の昼間なら10ユーロ、約1240円とお手頃。

 11時の開店とともに到着したので、僕はこの日最初のお客だった。温泉や銭湯から発展した日本のサウナとは異なり、フィンランドではサウナは男女共用で、水着を着用して入る。まず更衣室で持参した水着に着替えたが、着替えた後になって、そこが女性用更衣室だと気づき、慌てて荷物を持って男性用更衣室に移動した。ははは、誰もいなくて本当に良かった。いや、誰かいたら「アンタ、何やってるの? ここは女性用よ!」と教えてくれたはず。言い訳を言わせてもらうと、フィンランドではトイレのサインも女性男性ともに水色だし、木彫りで彩色されていないことも多く、日本のようなビカビカな色彩のサインだらけの国から来た外国人には判別が難しいのだ。

シャワーの壁に貼られた木彫りのユニバーサルサインによるサウナ道の作法
クーマに併設されたレストランバー

 サウナは更衣室の奥にあり、通常のドライサウナと煙突がなく、室内の壁やベンチが煤で真っ黒に燻されたスモークサウナの二箇所だけ。どちらも川を一望出来る大きなガラス窓はあるものの、各部屋に30人ずつ入れば満員になりそうなので、夜や週末はかなり混みそうだ。朝イチで来て良かった!

 しかし、僕が最初のお客だけに、サウナ内はまだ全然温まっていなかった。日本のサウナにはどこにでもある温度計も12分時計もないので、正確な温度も時間もわからないが、室温は摂氏70度前後くらいだろうか? 普段から摂氏89度に慣れている僕には温度が低すぎる。

 

スモークサウナに入ると、朝一番なので貸し切りだった


開店して一年ほどの新しいお店だが、スモークサウナのサウナストーンや壁は煤で真っ黒になっていた