文と写真・高山コジロー

 

■「久留米ラーメン巡礼」

 

2019年1月27日、久留米初訪。

わざわざ飛行機に乗って、久留米にラーメンを食べに行って来ました。

羽田から福岡空港へ。福岡空港から鉄道で久留米へ向かう。福岡へはJALもANAも就航しているが、JALマイラーとしては今回もJALを利用する。JALサクララウンジで、いつもながら早朝から生ビール、気ままな旅だ。
今回の旅は行ったことがない「空港」と「都市」を訪れることがテーマのひとつ。福岡空港は何度も利用しているが、「久留米」は初めて。本場の「久留米ラーメン」はもちろん初体験となる。

 

■JAL305便 羽田発福岡行き

 

07:10羽田発9:10福岡着。運賃10,790円(2019年JAL実績/搭乗3回目)
使用機体はボーイング777-200。3席3列シート。非常口座席を選択。
福岡までは2時間弱あるので、タブレットにダウンロードした映画を観て過ごす。JAL機内Wi-Fiはストリーミング配信には対応していない。僕が利用している「amazonプライム」は、ストリーミングだけでなく25本までダウンロードが可能。いつでもどこでもドラマや映画を観ることができる。一人旅のお供には最高だ。Amazon商品の「迅速配達のためのサービス」として利用している方は多いと思うが、追加料金のいらない「プライムビデオ」はコンテンツが豊富で見放題なのでお試しあれ。足元の広い座席でのびのび快適な空の旅だった。定刻通りに福岡に到着する。

 

■福岡空港から天神経由で西鉄久留米駅に

 

日曜日の朝、福岡空港は改装中ということもあり混雑していた。空港内には、博多の海鳴、一幸舎ばかりでなく、東京の凪、つじ田、山形の満月など全国の人気ラーメンが集まった「ラーメン滑走路」があり、心ひかれるが、久留米をめざす!(笑)。空港の喫煙所で一服し、福岡の定番「ハニー珈琲」をテイクアウトして地下鉄で天神へ。天神で西鉄に乗り換え久留米へ向かう。

 

屋台から始まった久留米ラーメンは、豚骨ラーメンの元祖といわれ、九州各地の豚骨ラーメンに影響を与えている。久留米市内には屋台系のほか、食堂系、国道系のいわゆる老舗から進化系の新しい店まで100軒を超える店があるという。多くの名店がインスタント麺、カップ麺になっている。

初めての久留米ラーメン、激戦区、いったいどこに行ったらいいのだろう?

 

■「清陽軒 本店」 屋台仕込みラーメン@久留米市/花畑

 

西鉄久留米駅を通り過ぎ隣の花畑駅で下車して、15分ほど歩く。最初に訪れたのは、福岡に赴任経験がある食通の友人に紹介してもらった、昭和27年創業の老舗「清陽軒 本店」。

 

 

初めて食す久留米ラーメンは、シンプルなスタンダードを試したい。基本のラーメンは、あっさりとこってりの2種ある。久留米ラーメン本来の味という、こってり味「屋台仕込みラーメン」(640円)を注文する。麺の硬さは普通に。周りの客も普通を選択している。博多のように、なんでもかんでも「バリカタ!」ではないようだ。

 

広々とした店内。カウンター席に案内されて5分ほどで着丼。初の久留米ラーメン、まずはスープからいただく。豚骨のみを使用した半透明の少し泡立ったスープは、久留米ラーメン伝来の継ぎ足して炊いていく「呼び戻しスープ」。まろやかクリーミー、こってり?というより、むしろ「あっさり」。自家製のほぼストレートの細麺は、博多ほど細くなく、なめらかでコシがある。食べすすめると、スープは深い旨みが感じられる。麺とスープも好相性で、スルスルと完食。

 

久留米ラーメン、好印象!
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「久留米ラーメン清陽軒 諏訪野町本店」/久留米市諏訪野町 1798-6