■「麺志」 ラーメン道 @久留米市/西鉄久留米

 

ホテルをチェックアウトし、西鉄久留米駅に向かう。昨夜、「南京千両 マリン」を後にして立ち寄ったバーでリサーチ。国道系、食堂系の名店はかなり距離があり、車がないと難しいとのこと。そこですすめられたのが、新しい久留米ラーメンの店「麺志」。

 

店内は沖縄風。店内も厨房も清潔で若いスタッフが元気に働く。厨房前のカウンターに案内され、久留米での6杯目は、あっさりの「ラーメン道」(550円)を注文。ついでに、つ、ついでに?米が食べたくなり、久留米の名物という「ダルム丼」を追加。5分ほどで着丼。熱々のスープからいただく。豚骨100%のまろやかなスープ。あっさりしているが、深い豚骨の旨みが口いっぱいに広がる。福岡県産のラー麦100%使用のストレートの麺は細すぎず太すぎず、麺にマッチしている。久留米はどの店も共通だが麺が旨い。また麺がそれぞれのスープにあっている。「ダルム丼」は、いわゆる白モツ。こんがり焼けて旨かった。

 

久留米ラーメン巡礼の最後にふさわしい味わい。

おいしかったです。ごちそうさま。

 

「久留米らーめん道 麺志」/久留米市東町39-2馬場ビル1F/0942-65-8543

 

マイラーの終わりなき麺の旅は続く。

 

久留米での最後の1杯は、非豚骨系、非久留米ラーメンで地元では評判のよい醤油ラーメンを試す。フォルムは美しかったが、スープ、麺、接客、残念ながら個人的に好みではなかった。

まだ始まったばかり、マイラーの終わりなき麺の旅はまだまだ続く。


西鉄久留米からに西鉄福岡へ。「天麩羅処ひらお」で、天麩羅定食を食べて福岡空港へ。

福岡空港から天草エアラインに乗り、天草空港へ。

飛行機に乗って麺の旅/19杯 飛行機に乗らない麺の旅/9杯(2019年1月28日現在)

次回は、天草ちゃんぽん