文と写真・高山コジロー

 

2019年4月。わざわざ飛行機に乗って、沖縄・那覇に麺を食べに行ってきました。

 

昨年は仕事とプライベートで13回沖縄を訪れた。訪れるたびに「沖縄そば」は食べるが、那覇のラーメンの存在も忘れてはならない。今回は2017年の連載では紹介できなかった「沖縄そば」の老舗、行列必至の「ラーメン&つけ麺」、夜飲んだ後の「夜麺巡り」を紹介したい。

 

●羽田-那覇 16:10-18:55 JAL921便 先得9,190円 (エコノミー)
●那覇-羽田 14:50-16:10 JAL436便 先得10,190円(クラスJ)
(2019年搭乗実績/JAL11回、ANA1回、天草エアライン1回)

 

【今回のマイル】 羽田-那覇の通常マイルは「984」
●羽田-那覇
フライトマイル:984×75%(先得)=738マイル
ボーナスマイル:フライトマイル(738)×105%(サファイア会員)=775マイル
738+775=1513マイル
●那覇-羽田
フライトマイル:984×85%(先得クラスJ)=836マイル
ボーナスマイル:フライトマイル(836)×105%(サファイア会員)=878マイル
836+878=1714マイル 往復で「3227マイル」貯めることができる。

 

今回の旅でJAL生涯搭乗数は250回に。

 

 

■シャワーが使えるJALサクララウンジ

 

この日は土曜日。新宿の飲み会から羽田空港直行(笑)。
JALサクララウンジで朝から迎え酒(生ビール)で乾杯。JALサファイア会員の特典として、旅行会社のツアーの場合でもラウンジは使用できる。搭乗回数もカウントされ、もちろんマイルも貯まる。
今回は午後出発なので、JALサクララウンジでダラダラと仕事。途中、徹夜明けなのでシャワーを浴びてリフレッシュ。
「シャワー??」あまり知られていないが、JALサクララウンジは無料でシャワー施設が使える。清潔で広く、高級ホテルのシャワーブースのよう。もちろんアメニティ、タオル類も常備されている。ANAの国内線ラウンジにシャワー施設はなくJALのみ。セキュリティも万全で夏場は重宝しそう。
そして、風呂上がりのビール!我ながらラウンジを満喫しすぎだと思う(笑)。

 

那覇へは飛行時間も長いので、可能なら「クラスJ」を選択しているが、土曜日は混んでいて普通席。ただし今回も足元の広い非常口席の窓側を選択して、快適な空の旅だった。復路は「クラスJ」の一番前の窓側の最上級の席をキープ。

 

■「みかど」 そーめんちゃんぷるー @那覇  松山

 

那覇1日目。
飛行機が1時間近く遅れ、遅めの20時に那覇到着。
JAL921便(16:10-18:55)はチケット最安値なので使うことが多く、ホテルにチェックインして着いた日は無理をせず、食堂で夜飯がいつものパターン。繁華街の松山周辺は24時間営業の食堂も数多くある。中でも一番のお気に入りは松山の国道58号線沿いにある「みかど」。
いつもは「ゴーヤちゃんぷるー」、「豆腐と牛肉のみそ煮」など、680円でご飯と味噌汁付きの定食を注文するが、今回は麺の旅! とりあえずオリオンビールと「そーめんちゃんぷるー」(580円)。
うーん、沖縄の味や。那覇4泊、のんびり麺の旅スタート!

 

「みかど」/那覇市松山1-3-18