■「肉マースソバ・マサミ」 肉マースソバ (ふつう 肉増し) @那覇 栄町

 

那覇2日目。
開店前に訪れるもすでに5名待ち。那覇に行くと必ず1度は訪れるが、いつも行列が絶えない。開店と同時に7名が入店。メニューは「肉マースソバ」のみ。「あっさり」「ふつう」「こってり」から「ふつう(並)」(800円)の食券を購入し、L字型のカウンターに着席する。

 

 

肉マースソバとは、チャーシュー塩らーめんのことだ。2杯ずつ丁寧に作られるため、しばらく待つことになる。厨房の作業を眺めながら時を過ごすのも、また楽し。
順番がやってくるとカウンター上に敷き皿と箸がセットされるので食券を手渡し、そのタイミングで肉増し(100円単位)を、200円分お願いする。
入店から約30分、いい匂いとともに待望の着丼。
まずはスープからいただく。鷄挽肉と節類と香味野菜の「出汁」、ワタリガニ、干しエビ等でとったという「塩ダレ」、鶏ベースの「香味オイル」の3つのバランスがよく、豊潤で洗練された黄金スープは旨い。

 

 

国産100%の小麦粉に新潟産コシヒカリの米粉を加えたという多加水の中太ストレート麺は、ツルツルでプリプリ。しなやかなでコシがありスープともよく絡む。熟成豚肉のチャーシューは旨味濃厚、ジューシーで絶妙な味わい。贅沢にコストをかけた店主渾身の一杯。完飲堪能。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「肉マースソバ・マサミ」/那覇市安里363