文と写真・高山コジロー

 

わざわざ飛行機に乗って、山形県山形市に麺を食べに行ってきました。

山形県で麺といえば、イメージするのは「日本蕎麦」。雑誌の取材で何度か車で蕎麦街道を訪れた記憶がある。ところが山形は「ラーメン消費率」が日本一とのことだ。カップ麺消費率日本一の青森県に続き東北シリーズ第2弾。
東京から山形へは新幹線利用が多いと思うが、私はもちろん飛行機に乗って!

 

●羽田-山形 07:15-08:15 JAL175便 (普通席)
●山形-羽田 19:20-20:25 JAL178便 (普通席)
(2019年搭乗実績/JAL15回、ANA1回、天草エアライン1回)
JALツアーズ 20,000円/1泊2日 ※宿泊費込 リッチモンドホテル山形

 

【今回のマイル】 羽田-山形の通常マイルは「190」
●羽田-山形
フライトマイル:190×50%(ツアー)=95マイル
ボーナスマイル:フライトマイル(95)×105%(サファイア会員)=100マイル
95+100=195マイル
●山形-羽田
上記同様195マイル。往復で「390マイル」。

 

■最新鋭の小型ジェット機「エンブラエル190」

 

この日は日曜日。早朝にもかかわらずJALサクララウンジで、いつものビール(笑)。
飛行機はJ-AIR運行便。機体は最新のエンブラエル190。小型機ながら、座席幅、通路幅も広く、天井も高いので小型機と思えぬ快適さ。振動も少なく、実質50分ほどの空の旅で山形空港(おいしい山形空港)に到着。

 

 

■「らー麺Do・Ni・Bo」朝らー 海老ワンタン@山形市

 

空港からはバスで35分(980円)、9時過ぎには山形駅に到着する。山形の1軒目は6:30からオープンしているラーメン店を予定。位置的には山形駅から向かうより途中下車したほうが近そうだ。途中下車可能だったので山形中央高校近くのバス停で下車。そこから15分ほど歩いて「らー麺Do・Ni・Bo」に到着。
店名の通り、濃厚な煮干しラーメンが人気の店だが、午前中は「朝らー」の特別メニューがあり、スープも少し違うようだ。「朝らー」は540円と安い。ワンタンが無性に食べたくなり「朝らー 海老ワンタン」(690円)を注文する。サービスで青汁付きだ(笑)

 

 

5、6分で着丼。脂感の少ない澄んだスープに海老ワンタン3個、チャーシュー2枚、ほどよい葱、刻みシナチク、1枚のナルトがポイントのきれいな中華そばフォルム。朝から丁寧な仕事で期待がもてる。まずはスープをひと口。イリコ出汁がきいた旨いスープ。モチっとした加水多めのストレート太麺もスープとよく絡む。

 

 

プリッとした海老ワンタンは旨味たっぷり。朝からラーメンが楽しめる、完飲。濃厚煮干しラーメンも試したいと思うパフォーマンス。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「らー麺Do・Ni・Bo」/山形市南原町1-20-23