文と写真・高山コジロー

 

■札幌「味噌ラーメンを食べない?」

 

わざわざ飛行機に乗って、北海道札幌市に麺を食べに行ってきました。

札幌名物といえば「味噌ラーメン」。観光でも仕事でも、札幌を訪れると誰もが「味噌ラーメン」を食べようかと思う。
しかし、札幌では今「味噌」以外のラーメンが新しいムーブメント。全国屈指のラーメン激戦区だ。
また、蕎麦通の友人に教えてもらった日本蕎麦の名店を初訪問。今回は札幌で味噌ラーメンを食べない麺の旅(笑)。

 

●羽田-新千歳 08:30-10:00 JAL便 (普通席)
●新千歳-羽田 :-20:55 JAL便 (普通席)
(2019年搭乗実績/JAL21回、ANA1回、天草エアライン1回)(※別途JAL搭乗2回)
JALツアーズ 26,800円/2泊3日 (宿泊/京王プレリア札幌 ※宿泊費込)

 

【今回のマイル】 羽田-新千歳の通常マイルは「510」
●羽田-新千歳
フライトマイル:510×50%(ツアー)=255マイル
ボーナスマイル:フライトマイル(255)×105%(サファイア会員)=268マイル
225+268=523マイル
●新千歳-羽田
上記同様マイル。往復で「1046マイル」。

 

■季節外れの真夏日続く、札幌へ

 

全国的に季節外れの真夏日となった日曜日。JALサクララウンジで、いつものようにビール(笑)。
飛行機は20分ほど遅れて新千歳空港に到着。うーん、北海道暑い。
JR新千歳駅に向かうと、電車の運休と遅延のアナウンスが繰り返されていた。季節外れの急激な気温の上昇によりレールが曲がってしまった地域があったようだ。幸いにも札幌方面は正常運転とのこと。JR快速エアポート107号札幌行きに乗り込む。

 

■「Mari iida」牛とろまぜそば 225g @札幌市 平和

 

飛行機が遅れたので訪れる店の順番を変更する。札幌ではなく手前の北広島でローカルのJR千歳線に乗り換え平和駅で下車。駅から徒歩10分ほど「Mari iida」に到着。ツイッターのフォロワーの方の写真に魅せられての初訪問になる。
店外に6名ほどの並び。日差しが厳しいなか20分ほど待ち入店。
無化調のスープ&自家製麺でアイデア溢れる多彩なラーメンメニューで人気だが、5月1日の令和から全てのメニューを刷新「特製中華そば」「生中華そば」と唯一継続した「牛とろまぜそば」に。
鶏と水だけでとった中華そばも興味を惹かれるが、初心貫徹「牛とろまぜそば 225g」(1,500円)を注文。麺は「温かい」「冷たい」を選べるとのことで、汗だくの僕は冷たい麺を選択。

 

 

美しいフォルム。北海道産の小麦「春よ恋」を使用した自家製の平打ち麺に、牛フレークがたっぷり山盛り。
早速、タレと麺をよく混ぜてひと口。あっ、冷たい! 早すぎました(笑)。牛フレークは冷凍のため溶解するのを少し待たなければならない。「温かい麺」だと、一瞬でいい塩梅に混ざったかもしれない。先にローストビーフを1枚いただく。とろけるような旨さだ。麺だけいただく。コシがあり小麦の旨みが半端ない。

 

 

溶けてきた牛フレークに麺とタレをよく絡ませて、再びいただくと口の中は牛、牛、牛!旨い!牛の甘み旨みが凝縮され未体験の深い味わい。薬味の山わさびの爽やかな辛みもいい。ローストビーフはボリューム感があり、まさに贅沢の極み! 
次回は「温かい麺」で試してみたい。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「Mari iida」/札幌市白石区北郷4条12-6-19