槇(マキ)の手入れ。こうやって葉先を摘んで、成長する方向を整えるのだそう。大変!

秋になると、スギゴケにも茶色い部分が出てきた。新しく生えてもくるが、ずっと茶色いままのこの部分は、庭が出来立てのころ進入してきた野良のトイレ跡だそう。猫おそるべし。茶色い部分には再びコケがぺたぺたと貼られて(置かれて?)いく

 

■紅葉の季節がやってきた

 そして11月下旬、紅葉の季節がやってきた。

 庭のもみじも、ほんのり黄色く、そして赤く色づいている。息を呑むような華麗な京都の紅葉とはほど遠いが、それでもうれしい。

 そして予想通り葉っぱの掃除がけっこう手がかかる。

「これ、来年は片付けないでいて、コケの上に葉っぱが散ってる’散り紅葉’に挑戦してみてはどうだろね」

 いかにも素人には難しそうな私の提案に、みんなあいまいにうなずくばかりである。

 キレイに散らせるには、まずはキレイに紅葉しないとできないわけだが、来年やいかに。

ほんのり、という紅葉。それでも「よく頑張った!」と保護者気分でうれしい