文と写真・田島麻美

 

新型コロナウイルス感染防止策としてイタリア全土がロックダウンされてから6週間が経過した。感染病を専門とする医療チームや医療データ分析の専門家が「ロックダウンは3週間後に最大の効果が現れる」と解説したように、4月に入ってから新規感染者は減少が続き、活動再開への準備が本格的になってきた。経済に巨大な不安を抱えながらも、「全国民が一斉に止まらなければ意味がない」と断腸の思いでロックダウンを受け入れたイタリアに、ようやく安堵の空気が漂い始めている。しかし、ウイルスの感染脅威が減少するのと反比例し、今度は深刻な経済問題への無数の課題が浮き彫りになってきた。予定されている5月4日の経済活動再開に向け、徐々に封鎖を解いていく方針を打ち出しているイタリア政府だが、リスクを伴うその道のりはとても険しいものになる。
 誰もが感じているように、ロックダウン解除後には私たちが経験したことのない未知の世界が待っている。ワクチンが開発され全世界の人々の元へ行き渡るまで、このウイルスとどう共生していくのか。第2フェーズへ突入しようとしているイタリアの今の暮らしの実態をレポートする。

(本文中のデータは2020年4月22日現在のもの)「ブーツの国の街角で」号外3(2020.04.23)

 

最新データから読み取る「感染者”ゼロ”」予想日

 移動制限が始まってから毎日、夕方18時に過去24時間の新型コロナウイルスに関するデータや感染状況が市民保護局から報告されているが、4月22日の報告ではイタリアの現在の感染者数は107,699人、死者25,085人、完治者54,543人。昨日からの24時間で新たに6万3千人に検査をし、現在までに検査を実施した人数は151万3251人に達している。4月に入ってから新規感染者数、集中治療患者数は減少し続けている。しかし死亡者数は微妙なアップダウンを繰り返していて、市民保護局のアンジェロ・ボレッリ局長は「いつまた増加に転じるか、状況は決して油断できない」と慎重な姿勢を崩さなかった。そのボレッリ局長が、21日の会見ではいつもより活力に溢れた声でこう言った。「この24時間でこれほど退院、回復した患者数が多かったことは3月10日以降初めてだ」。幸いなことに22日もこの傾向は続き、今日現在の感染者数は昨日に対して10名減少、入院患者は329名減少、集中治療患者数も87名減少。反対に完治した人は2943人増加した。その一方で、市民保護局はこの数字に含まれなていない自覚症状のない感染者の存在についても明言している。感染病の専門家達によれば、実際の感染者数は公式に発表されている数字の6〜10倍に上るだろうと予想されている。できれば聞きたくない怖い情報ではあるのだが、危機的状況にあっては、悪い情報もはっきりと伝えてくれることが逆に安心感を生み出すということを今回の一件で初めて知った。情報が透明であればあるほど政府への信頼は強くなり、皆で同じ危機に立ち向かっているという団結心も高まる。これ以上悪化させないために、一人一人ができる限りのことをしようという気持ちが湧いてくるからだ。
 隔離生活が始まってから毎日、市民保護局の会見を見るのが習慣になったのだが、私がこの習慣から学んだのは「日々増減する数字をどう読み取ればいいのか」ということだ。世界中のメディアは連日こぞって感染者数、死亡者数の総計数字ばかりを取り上げているが、その総計だけを眺めていても現在の状況や今後の予測をすることはできない。今現在の感染状況が実際に医療現場に反映されるのは2〜3週間後であることをまず頭に入れ、過去24時間で新規感染者数、集中治療患者数、回復者数がどれだけ増減しているか、それによって数週間後に医療現場がどうなるかを想像する必要がある。4月20日、日々更新される感染データを追跡し、分析しているイタリア地域国民健康観測所(L’Osservatorio Nazionale sulla Salute nelle Regioni Italiane )は、「新規感染者ゼロ」のXデーを州毎に予測したレポートを公表した。それによると、最も早く「新規感染者ゼロ」になると予想されているのはウンブリア、モリーゼ、プーリア、バジリカータ、シチリア、サルデーニャの各州で、このままの状態を維持できればいずれの州も4月中には新規感染者がゼロになり、次いでローマ、ナポリを拠点とするラツィオ州、カンパーニア州なども5月10日前後には感染者ゼロになる見通しだ。その後ピエモンテ、ヴァッレ・ダオスタ、ヴェネトなどの州が5月末から6月上旬にはゼロになるだろうと予想されている。しかしながら、最も被害が甚大なロンバルディア州、マルケ州で新規感染者がゼロになるのは早くても6月末、という厳しい予想が出ている。

 

イタリア地域国民健康観測所が発表したイタリア各地の「感染者ゼロ予測日」チャート(出典 https://www.osservatoriosullasalute.it/wp-content/uploads/2020/04/new-19-aprile-Definitivo-CS-COVID-19-Osservatorio.pdf)