文と写真・田島麻美

 


4月26日、段階的な活動再開の第一歩となる「フェーズ2」の首相令が発表された。5月4日から発動したこの法令により約440万人が職場に復帰し、2ヶ月に渡って停止していたイタリアが少しずつ動き始めた。フェーズ2の有効期間である5月4日から17日までの2週間、どのような活動が可能になるのか、再開に際し市民が遵守しなければならないルールを政府は詳細に明示した。製造業、建築業、飲食業、小売店、宗教関連施設、公共交通機関などあらゆる業種や地域ごとに、できること、できないことが細かく提示されており、違反者には罰金が科せられる。一般市民の生活に関わる主な制限緩和項目は、移動範囲の拡大、公園の開放、運動目的の外出の許可、州内の親族や恋人に限り会えるようになったことなど。また、これまでデリバリーだけだったバールやレストランでは、自宅か職場で消費する場合に限ってテイクアウトでの料理の提供ができるようになった。職場への復帰に際し、地下鉄やバスなど公共交通機関も動き出した。但し、これらのサービスの利用に際しては、マスク着用、1m以上の対人距離の確保、定期的な消毒や衛生環境の保持が義務付けられ、外出する人は移動の理由を明記する自己申請書を引き続き携帯することが義務付けられている。いずれの場合も単独もしくは少人数での行動が基本で、大人数の集会などは不可である。厳しい条件付きではあるが、2ヶ月ぶりにようやく動き出した現在のローマの街の様子をお伝えしよう。(本文中のデータは2020年5月13日現在のもの)「ブーツの国の街角で」号外4(2020.05.14)

 

ロックダウン後に現れた移動手段の変化

 5月13日に発表された保健省の統計データによると、今日現在イタリア国内で確認されている感染者数は78457人。24時間以内に新たに888人の感染が確認されたが、完治者も3502人増え、総合的に見ると現在の国内の総感染者数は昨日より2809人減少した。世界の感染者数は430万人を超え、イタリア国内だけでも3万1千人を超える犠牲者が出ているが、状況は少しずつ、緩やかに落ち着いてきているように見える。毎日更新される感染者数は減少傾向にあり、1人の感染者から感染する人数も減少していることから、イタリア政府は慎重な規制緩和に踏み切った。フェーズ2への移行に際し、コンテ首相は会見で釘を刺すことも忘れなかった。「警戒を怠れば感染も死者も再び増える。2ヶ月もの間全国民が払ってきた犠牲が無駄になり、経済に取り返しのつかない悪影響が及ぶ。イタリアを愛しているなら、距離を保とう」と呼びかけ、市民一人ひとりに責任ある行動を訴えた。

 

4月26日に発令された「フェーズ2」のラツィオ州における規制緩和の主な項目。これ以外にも、州や地域によって様々な制限ルールが決められている。(図表:Anci Lazio)

 

   恐る恐るという感じで迎えた5月4日の朝、最初に気づいた変化は屋外の騒音だった。車やバイクの走る音を聞いたのは実に2ヶ月ぶりのことで、騒音がやけに大きく響いた。移動範囲が広がったとはいえ、不要不急の用事がない大半の一般人は引き続き自宅での隔離生活が続いている。私も週に一度の買い物とゴミ捨て以外は相変わらず外出を控えているが、ちょっと離れたスーパーまで足を伸ばせるようになったことは嬉しい変化だ。先日も買い物がてら久しぶりに近所をぶらぶら歩き、商店街やメトロの駅などを見て回った。いつも大勢の人が行き交うメトロの駅構内は、2人の係員がテープを使って黙々と構内の動線作りをしている他は、人影が全くなかった。昨夜のニュースで見た映像では、密集を避けるために構内やホームの床に1m間隔で丸いシールが貼られ、出勤時には駅の中に入るのを待つ通勤客の長い行列が出来ていた。今回の数ある規制緩和ルールの中でも難題だと思われるのが、メトロやバスなど公共交通機関の乗車率を50%に維持するという課題である。車両内の随所に1m間隔の目印のシールが貼られ、半分以上の座席には「着席不可」の注記書が貼られているが、それでも通勤ラッシュの時間帯にこれを守るのは至難の技。その解決策として、政府は自転車や電動式スクーター、キックスケーターでの通勤を奨励し始めた。エコモービルの利用は公共交通機関の密集を避け、街の空気汚染問題も解決する一石二鳥の方法として歓迎されており、実際にミラノやローマなどの大都市では自転車専用道路の拡張工事も始まっている。さらに5万人以上の住民がいる都市部の居住者には、通勤用の自転車や電動式スクーター、キックスケーターの新規購入費として500ユーロのバウチャーを政府が支給するという案が検討されていたが、12日に運輸省の正式発表があり、新規購入費の60%、最大500ユーロまでのボーナスが希望者に支給されることが決まった。

 

人の動きが交差しないよう改札の出入口に境界線が設けられたメトロ駅構内。
人と人との接触を避けるようホームには1m間隔で丸いシールが貼られ、さらに乗車する人はマスク着用が義務付けられている(Foto: ANSA / Massimo Percossi)