文と写真・田島麻美

 


5月18日から国内の移動制限の解除、商店の営業再開などの段階的な解除を行ってきたイタリアでは、当初の予定通り6月3日から渡航を許可しているEU諸国に対して国境を開放し、「第3フェーズ」と呼ばれる封鎖解除の最終段階に入った。国内の新規感染者は引き続き出ているものの、その数は1ヶ月前とは比較にならないほど少なく、かつ現行の陽性患者数は毎日千人単位で減少している。集中治療患者数も日に日に少なくなり、完治者数は飛躍的に増えた。こうした状況から、政府は6月3日よりEU諸国との空の便を解放、経済回復へ向けて一気に舵を切った。コロナウイルスは今だ私たちの身の回りに存在しており、これからはいかにスムーズに集団免疫を獲得していくかが最重要課題となる。2月下旬から始まった壮絶な悪夢から、イタリアはようやく目覚めようとしている。慎重にかつ大胆に、経済回復に向けて動き出した現在のイタリアの様子をローマからレポートする。(本文中のデータは2020年6月10日現在のもの)「ブーツの国の街角で」号外6(2020.06.11)
 

 

第二波襲来に備えて大規模な抗体検査を実施

 5月16日の首相令により、18日から段階的な移動制限の解除を行ってきたイタリアは、6月3日からさらに大幅な制限緩和に踏み切った。3日夜の会見でコンテ首相は、「数週間に渡る多大な犠牲を経た私たちには、笑顔になり、喜ぶ権利がある。この危機を乗り越え、この国を再構築する機会にしなければならない」と述べ、経済と社会問題の緊急事態に取り組む姿勢を明確にした。と同時に、コロナウイルスの脅威はまだ続いており、ウイルスへの唯一の効果的対策として「人との物理的距離を取ること、人混みではマスクを着けること。こうした安全策を怠ることは配慮に欠けている」と強調。封鎖解除により再び感染が爆発的に拡大するようなことがあれば、即座に再びロックダウンに踏み切ると釘をさすことも忘れなかった。
 イタリア保健省の発表によると、国内の6月10日現在の感染者数は3万1710名、今日までに亡くなった人は3万4114名。24時間以内の新規感染者は202名で、このうちの約49%にあたる99名はロンバルディア州に集中している。コロナウイルスで甚大な被害を受けた北イタリアの他の州・ピエモンテ、エミリアロマーニャは25名前後の増加、リグーリアで20名、ローマがあるラツィオ州では18名の増加。その他の16の州はいずれも5症例未満の増加で、感染者数0の地域も多くなってきた。イタリアではコロナウイルス発生から今日まで約440万人にPCR検査を実施してきたが、政府が現在もっとも力を入れているのは5月下旬から始まった大規模な抗体検査である。保健省とイタリア統計局が赤十字の協力を得て開始したコロナウイルス感染の血清有病率調査は、全国の2千の市町村の住民15万人から血清サンプルを採取し、性別や年代、日常の活動動向などを分析するというもので、イタリア国内で抗体を持つ人がどのくらいいるのかを把握することを目的としている。匿名で収集されたサンプルをさまざまな見地から分析することで、懸念されている第二波の襲来が起こった場合、予防や対策に役立つことが期待されている。この新型コロナウイルスはまだまだ解明されていない部分が多く、変異のスピードや種類の多様性も指摘されているため、抗体ができたと言っても安心できるわけではないが、少なくとも現状をしっかり把握することは今後の対策や経済活動を本格化していくためにも必要不可欠だ。積極的な検査を地道に継続していくことでこれから少しでも安全な環境を作り出せることを願うばかりだ。

 

6月10日現在の感染状況。青枠内が過去24時間の新規感染者数(出典:イタリア保健省) イタリアを抱きしめよう!

 

イタリアを抱きしめよう!

 規制緩和のフェーズ3が始まる前日の6月2日は、イタリアの共和国建国記念日だった。例年、この日はローマのヴェネツィア広場を中心に軍事パレードが行われ、イタリア空軍のアクロバット飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」によるイタリア国旗の三色の煙幕がローマ上空を駆け抜けるのだが、今年はパレードが中止になった代わりにイタリア全土の上空をこのアクロバット飛行隊が駆け抜けた。『L’abbraccio all’Italia(イタリアを抱きしめよう!)』というこのプロジェクトは、コロナ危機で深く傷ついた全国の市民と街を上空からトリコロールの煙幕で包み込もうというもので、6月2日にローマでフィナーレを迎えるまでの5日間に渡り、全国21都市で開催された。今までの多くの犠牲と苦難を偲ぶと同時に、明日から始まる再生への日々に希望を込めて、赤白緑の三色の煙幕が轟音と共にイタリア全土の空を駆け抜ける様子は、多くの市民を勇気づけた。
 一方、マッタレッラ大統領はこの日、イタリアのコロナ危機の始まりとなったコドーニョの街を訪問。「この地で勇敢なイタリアが始まり、ここから私たちは憲法の価値を再確認する」と述べた後、「共和国憲法の価値という名において、多くの市民の団結を象徴する勇気と創意工夫でコロナ危機に立ち向かった」として57名の市民にイタリア共和国功労勲章を授与すると発表した。新たに「共和国の騎士 Cavalieri della Repubblica」となった25名の女性と32名の男性は、いずれもコロナ危機に際し、危険を顧みずに人々のために尽力した一般市民である。一例をあげると、元医師の聖職者で感染者の治療にあたるため教会区を離れ、医師として病院に復帰したドン・ステヴェナッツィ、レッドゾーンに向かうため毎日100kmの道のりを往復したコドーニョの薬剤師ジュゼッペ・マエストリ、ロックダウンの期間中ろう者のための透明マスクを開発し、毎日数千枚ものマスクを縫って寄付したアイリーン・コッポラ。身近な人々を支援するため、積極的にできることを探し、自らの危険を度外視して実行した彼らの存在は、ロックダウン中のイタリアを励まし続けてくれた。特別なことでなくても誰かの、何かの支えになれることを身をもって示してくれた57名の市民が勲章を授与されたことは、明日から経済復活に向けての困難な道のりに踏み出す市民に大きな勇気を与えてくれたと思う。

 

イタリア空軍「フレッチェ・トリコローリ」のアクロバット飛行。(写真出典:イタリア空軍HP)。イタリア全土を駆け抜けた『L’abbraccio all’Italia』の様子をまとめた動画は必見。機体やコックピットに取り付けたカメラで撮影された大迫力の映像は以下のサイトで見られる。https://www.youtube.com/watch?v=w7U9hCO9bpw

イタリア空軍「フレッチェ・トリコローリ」のアクロバット飛行。(写真出典:イタリア空軍HP)。イタリア全土を駆け抜けた『L’abbraccio all’Italia』の様子をまとめた動画は必見。機体やコックピットに取り付けたカメラで撮影された大迫力の映像は以下のサイトで見られる。https://www.youtube.com/watch?v=w7U9hCO9bpw