■「麺屋 猪一 本店」 支那そば 黒 @京都 河原町

 

連日、京都のラーメンのレベルの高さに驚く。最後の夜、締めのラーメンは「麺屋 猪一 本店」。
2017年の麺の旅で、もっと印象的だった店。それ以降、京都旅行の際には必ず訪れている。移転したばかりの新店舗は明るく、かなり広くなった。10名ほど店内待ちができるように工夫されている。夏暑く、冬寒い京都で、外待ちはつらいのでやさしい配慮だ。夜遅めの時間だったので、それほど待たずカウンターに案内される。2017年同様に「支那そば 黒」(800円)を注文する。

 

 

見るからに美しいスタイルの支那そばだ。
脂ひとつ浮いてない澄んだきれいなスープは、最初はしっかりした昆布の旨味。後からじわーっと、黒醤油のコク、甘味、旨味がやってくる。動物系(豚・鶏)の脂を一切使っていないスープは、実にまろやかで上品な味わい。
無添加の北海道産小麦を使用したストレートな細麺は、絶妙な茹で加減で、ツルツルで弾力があり、食感豊かでおいしい。ほんのり、小麦の香りがする。

 

 

京の都もち豚を使用したちゃーしゅーは、器の半分をしめるほどのボリューム。薄切りながら、赤身の旨味と脂身の旨味が凝縮されていて、スープに溶け出す。味付け玉子は濃厚ながら上品な味わい。黄身の部分の甘みが旨い。

 

 

ご飯「炙り帆立と豆腐のだしマヨ丼」も、素晴らしかった。
この食材の組み合わせの発想が凄い!
行列ができるには理由がある。接客も素晴らしく、とても気持ちがいい。
以上、2017年の原稿そのままだ(笑)。「変わらない」って、凄いことだと思う。
ブレのない完成度の高い、支那そばとご飯であった。
1点だけ僕の好みの問題だが、「黒」は、もう少し醤油の切れ、パンチがあったような、、、。
不変の極みの旨さ。おいしかったです。ごちそうさま。

 

「麺屋 猪一 本店」/京都府京都市下京区恵美須之町寺町通仏光寺下ル542