文/ステファン・ダントン 

 

■オフィス街の地下店舗から下町の路面店へ

 

 2020年のコロナ禍は、おちゃらかのような弱小小売店にとんでもない打撃を与えた。春から夏にかけて、私はこの災厄を乗り越え、新たな物語をスタートさせようと奮闘していた

 「ずっと練り続けていた『東京の下町の路地から日本茶のよさを発信する』というプランの実現が少々早まるだけだ」と自分にいい聞かせながら資金繰りに奔走し、旧店舗からの退去交渉や新店舗の物件契約を着々と進めていった。

 

 旧店舗のあったCOREDO室町は、周辺の大企業に勤めるビジネスマンやホテルに宿泊する外国人観光客の来店が多く、吉祥寺とは違う客層にアプローチできた。面積も広く、茶農家を招いてイベントをするのにも便利だった。ただ、店はオフィス街の地下にあったから、生活の匂いもその日の天気も空気の匂いも感じられない。商店街で育った私の気持ちを窮屈にさせていたのも事実だ。早く地上に出たかった。商店街のお茶屋さんに戻りたかった。

 古き良きまち人形町に理想的な物件が見つかったのは5月中旬。住宅と商店が混在する小さな社に守られた昔ながらのコミュニティ。大通りから1本入った路地に面する手ごろな広さの物件は、私の思い描く「おちゃらか」らしい店作りにぴったりだった。

 

 大家さんも「おちゃらかのコンセプト」に共感してくれて、契約は意外なほどスムーズにまとまった。早速「6月中旬を目処に日本橋人形町二丁目に路面店をオープンする」と発表したのだが……。

 

細い路地を入ると居酒屋などの飲食店がひしめき合う人形町
着物姿の人が行き交う下町情緒漂う一角に店(写真の左側)を構えた。外装は看板を出しただけで、まだ途中段階

 

■新店舗オープンは自らの手で

 

 旧店舗の退去・移転費用や新店舗の保証金、そして内装費用などを捻出するには、ぎりぎりの予算を組んでいた。ところが、あてにしていた入金が滞り、保証金の支払いができない。

 大家さんは「先に鍵を渡すから内装を始めてもいいのよ。保証金はこのご時世だから気長に待つわ」といってくれた。でも、そうはいかない。金策に走り回った。「おちゃらかの再開を期待している」と助けてくれる人が現れた。ありがたかった。おかげさまで6月末には正式契約を済ませられた。次は新店舗の内装だ。

 

 空っぽのオフィス用物件を店舗に改装する。店舗の図面を初めて見たときから内装のプランを練り、頭の中でイメージをふくらませ、すでにラフな設計図はでき上がっていた。

 普通は内装業者に工事を依頼するところだろう。だが、そんな時間はなかった。業者に私のイメージを伝え、形にするには最短でも2カ月はかかる。それ以前に、私の手元には数十万円しかない。

 それなら自分の手で内装工事をやればいい。お仕着せではなく、自らの愛情が込もった店を作るんだ。オープンの日付は縁起をかついで「一粒万倍日」の7月26日に決めた。予算は20万円。

 自分で描いた設計図に従って、床材や壁の下地板、塗料、和紙などを最低コストで買い揃える。実際に工事を始めたのは7月10日。工期は2週間。大急ぎだ。毎日店に通い(時には泊まり込んで)ほぼ1人で作業を進めた。

 朝から晩まで作業をしていると、路地を行き交う人の流れがよくわかる。朝、近所の人が出かけていく。ビジネスマンがオフィスに通ってくる。日が暮れると近所の居酒屋から料理の匂いと賑やかな声が聞こえてくる。

「このまちに似合う店、ここにずっとあったような店を作るんだ」

 そんなふうに思いながら工事を進める一方で、行き交う人に「こんにちは。今度ここでお茶屋さんをやるから、でき上がったら見にきてね」と声をかける。徐々に顔なじみが増えてくる。休憩中に近所の人が町内会のことやまちの年中行事、ごみの出し方などを教えてくれる。心強く思いながら手を動かす。楽しい2週間だった。

 

工事中の店の様子 
壁に漆喰を自分で塗る