文/光瀬憲子

 

 海外旅行がままならなくなり、台湾の味を求めて日本で台湾フードを探したり、自分で試行錯誤を重ねて作ってみたりする日々。魯肉飯や巨大な台湾風唐揚げは日本でも市民権を得てあちこちで目にするようになった。

 台湾といえば小籠包、マンゴーかき氷、そして魯肉飯にタピオカ。でも台湾人って本当にそういうものを日々食べているのだろうか? そこで、これから何回かにわたり、先日、朝日カルチャーセンターで行ったオンライン講座のおさらいとして、「台湾人が本当に好きなもの」をシリーズで語っていきたいと思う。台湾の人々の日常をのぞいて、その食卓にある意外な食べ物をご紹介しよう。

朝市でよく見かける細い米粉湯(ビーフンスープ)