文/チョン・ウンスク

 

 私が好んで歩くような場所は映画の撮影地にはなりにくいのでは? と常々思っていたのだが、最近はそうでもないようだ。韓国ではここ数年、古いもののなかに洗練を見出そうとする傾向があるからかもしれない。年寄り臭い街という印象が強かった鍾路3街や乙支路3街に若者が集まっているのもその影響だろう。

 2010年頃からweb記事や単行本で取り上げている鍾路3街の楽園商街地下にある市場は、人の匂いのするところが好きな日本の読者にとても喜んでもらえているのだが、映画やドラマの舞台とは縁遠いと思っていた。

 しかし、ごく最近この市場の写真をTwitterに載せたところ、フォロワーさん数名から映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』(2019年)に出てきた場所では? というリプライがあった。人気ドラマ『トッケビ』に出ていたキム・ゴウンとチョン・ヘイン主演ということもあり、日本でもこの映画をネットで観た人が多かったようだ。

 確認してみると、まさにそこは楽園商街の地下市場だった。フォロワーさんにありがたい情報をいただいたかっこうだ。今回はこの市場の写真を見ながら、その魅力の一端をお伝えしよう。