-台湾初日食い倒れ-

 

豆漿から徒歩5分。大通りに面した観光客で大行列の小籠包屋さんをあえて通り過ぎて1本目の路地を左に曲がったところにある地元の人しかいない小籠包屋さん「盛園絲瓜小籠湯包」。

 







ここの名物ヘチマの小籠包(←初めて食べた)が絶品でした! 

あっさりしていてそのまま食べても美味しいんだけど、たっぷりの生姜とタレにつけて食べるとまた美味しさが引き立って何個でも食べれるお味!!このあと色々な店でヘチマの小籠包を探すもここ以外で見つけられず、忘れられない味となったのでした。

 

皆赤いユニフォームで可愛い。店内も想像以上の広さ

大満足な滑り出しでホテルに一旦荷物を置きに行き、ホテル近くのマッサージ店でリラクゼーションマッサージを。旅の疲れを癒してもらいました。

最近は東京にあるようなオシャレなカフェも増えている台北(カフェ&スウィーツ事情は後編で書こうと思います)

そう!台湾は夜がメインと言っても過言ではないほど、夜の活気がすごいんです。

日中とっても暑い台湾の気候的に店も人も夕方ごろから活動する傾向に。

そして完全外食orテイクアウト文化。前に台湾の友達にも聞いてみると、家ではご飯を作らないそうです!!

そんな台湾だからこそ夜の街・文化が発展しているのかなぁと思いました。

初日のディナーは、全員お初で気になっていた白菜の酸っぱい鍋を食べに「長白小館」へ。

 

繁華街から1ぽん入ったところにあるローカルな雰囲気の佇まいです。

アジアはやっぱりビール!台湾ビールで乾杯してお鍋が出来上がるのを待ちます。

 

あっと言う間にお鍋が運ばれてきました!

 

鍋の中には既に酸っぱい白菜が大量に潜んでいます。そこにお好みのトッピングで、お肉とか餃子とかお団子などを入れて頂きます。

自動的に出てきた調味料的なのとか薬味とかをプラスすると、白菜の酸っぱさと見事に合って更に美味しい! 食が進む進む! でも基本白菜なのでヘルシーと言うのも女子には嬉しいところです。

 

たらふく鍋を食べた後は、夜市の大定番「士林夜市」へ。