■「おいらのらーめんピノキオ」こくうま塩 ちゃーしゅーめん@松阪

 

【飛行機に乗って麺の旅】90軒目
翌日、内宮をお参りする前に、朝から松阪市まで遠征。伊勢市駅から近鉄急行(400円)に乗り15分ほどで松阪駅に到着。駅からは20分ほど歩き、開店前に「おいらのらーめんピノキオ」に到着。すでに行列で開店前には10名以上が並ぶ。地元の常連客は限定の「ドリームつけ麺」が目当てのよう。僕は評判のスープを啜りたく、デフォの塩とんこつと魚介のダブルスープ「こくうま塩 ちゃーしゅーめん」(1,000円)を注文する。
後でわかったのだが、ツイッターの愛知のフォロワーさんが同じカウンターにいたという。東京の有名店では、すでにフォロワーさんと隣り同士というのは経験済みたが、まさか三重県松阪市、平日のラーメン店で遭遇するとは、、、驚きだ。
開店前に並んでいた客がちょうど入ることができ、大きなL字型のカウンターで待つこと10分ほどで、迫力満点のビジュアル「ちゃーしゅーめん」着丼。

 

チャーシューをかきわけ、まずはスープをひと口。
塩とんこつ+魚介のスープは魚介の押し上げが素晴らしく、繊細で上品な旨みが口いっぱいに溢れる。これは旨い!
自家製の平打ち中太麺が抜群にいい。麺をすくい上げ、麺との絡み具合もよくベストマリアージュ。

 

もちろんチャーシューは素晴らしく、迫力のビジュアルだけではない。黒胡椒が効いたチャーシューはしっかりした歯ごたえがあり、肉の旨み、肉汁たっぷりで絶妙な味わいだ。ちゃーしゅーめんにして大正解。
開店前から並ぶ価値がある一杯だった。次回は、限定の「ドリームつけ麺」を試したい。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「おいらのらーめん ピノキオ」/松阪市垣鼻町1085