■「らぁ麺 牛ごろ極」白丸らぁ麺@大分

 

【飛行機に乗って麺の旅】106
大分二夜。居酒屋、焼き鳥、バー、どうも相性悪く。味もコスパもイマイチ、、、。
昨夜の「蕎麦BAR 齋」は、あたりだったけど、、、。
ホテルをチェックアウトし、2、3分ほど、駅からは7、8分ほどにある牛骨スープが評判の「らぁ麺 牛ごろ極」を訪れる。
デフォのラーメンに、トッビッグがプラスされた「白丸らぁ麺」(750円)を注文する。

 

鉄鍋に入れられグツグツと煮えたぎったスープの丼が提供される。白濁したスープに、牛スジ肉、ヤングコーンがトッピッグされている。
さて、熱々牛骨スープを火傷しないよう気をつけながらひと口いただく。
下処理がいいのか、脂感なく牛らしいコクと旨味がありながらマイルド。コラーゲンたっぷりの旨いスープ。

 

麺は予想外にストレート細麺。熱々のスープに負けてしまいそうだが、しっかりコシがあり、スープともよく絡む。少なめなのであっという間に完食。替え玉を悩むがライスを追加注文する。
このライスが炊き立てで、お米が立っていて旨い。サービスのネギキムチとの相性がバツグンにいい。

 

ライス半分をまだ熱々のスープにイン。ネギキムチも追加して雑炊にする。
この雑炊、格別の旨さ。まさに、ほっぺたが落ちる(笑)。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「らぁ麺牛ごろ極」大分県大分市中央町1-4-22 大分マート

 

マイラーの終わりなき麺の旅は続く。

 

〆のラーメンを食べ終え、空港連絡バスにて大分空港に。
大分空港にはJALもANAも専用ラウンジがないので、ほぼ出発時間に合わせて到着する。
飛行機は定刻通りに羽田へ飛び立つ。

 

この旅で、JALの搭乗回数は2019年29回。次回の搭乗で「クリスタル会員」に到達する。
あと21回、累計50回搭乗すると、2019年も上級「サファイア会員」達成だ。

 

福井から始まり、久留米、天草、尾道福山三原松山青森山形金沢札幌小樽京都三重、函館、大分、、、。
飛行機に乗って麺の旅106杯。東京と合わせると、2019年160杯オーバー(笑)。

 

オヤジマイラーの終わりなき麺の旅は、まだまだ続く。
次回は、飛行機に乗って奈良へ「古都巡礼ラーメン」の旅。

前回は、夏競馬開催に合わせて「函館にて麺巡り」の旅

 

(※データは2019年8月当時のものです)