文/光瀬憲子

 

 台湾人が日常的に食べているものを語るシリーズの2回目は、朝ごはんの代表格、豆漿(豆乳)について、紹介しよう。

■豆漿店の高い壁

 私が台湾で暮らすようになった90年代初頭、まだ右も左もわからない外国人にとって豆漿の店はとてもハードルが高かった。豆乳だということは知っていたのだが、セルフサービス度が高いし、朝の忙しい時間帯に注文でとまどっては周りに迷惑をかけそうだ。

典型的な塩味の豆漿。刻みネギや油條などが浮かんでいる。淡白な味なので、ラー油などを垂らすと味が締まる

 美味しそうに湯気をたてる肉まんのようなものもあるが、見たことのない食べ物もたくさん並んでいる。どれとどれを組み合わせて食べればよいのかもよくわからない。そもそも当時は日本でも豆乳を飲み慣れていなかった。だから、ひっきりなしに客が訪れる豆漿店をいつも素通りして、コンビニで朝食を買っていた。

 その後、当時付き合っていた元夫に初めて豆漿店に連れて行ってもらい、その複雑さにやっぱり驚いた。豆乳には温かいものと冷たいものがあり、甘いものとしょっぱいものがある。そう聞いただけで、もう自分で注文することは諦めた。