■「中華そば おしたに」塩そば@奈良 四条大路

 

【飛行機に乗って麺の旅】110軒目
「麺人 ばろむ庵」をあとにし、唐招提寺方面に向かう。歩ける距離かな?と思ったら徒歩48分!
断念して近くの大森町のバス停から奈良交通バス(210円)に乗り15分ほどだった。

「ラーメンが先か、唐招提寺が先か」。麺の旅、ラーメンが先(笑)ということで、唐招提寺近くの「中華そば おしたに」を訪れる。

満席で、ギリギリ店内待ちに。この残暑の中、日差しの強い外待ちの行列は辛い。
10分ほど待ち、カウンター席に。メニューは、「塩そば」「しょうゆそば」「まぜそば」の3種。国産丸鶏100%のスープを味わいたく、「塩そば」(780円)を注文する。

 

まずはスープをひと口いただく。無化調の国産丸鶏100%のきれいな澄んだ清湯スープ。淡麗ながらコクと奥行きがあり、丸鶏の旨味が溢れる。3種の塩をベースに貝柱、海老が後押しする。

香味油は、しょうゆはポルチーニ茸、塩はトリュフを使用とのこと。個人的には香り強く、ちょっとオイリーかな。後半スープの温度が下がってくると、トリュフ感が強く出てしまう。

麺姿はきれい。東京の有名製麺所の三河屋製麺のストレート細麺は、よく絡みスープと好相性である。
しなやかなレアチャーシュー、穂先メンマもいい。どことなく東京新宿の人気店「らぁ麺 はやし田」にイメージが重なる。

無化調で後味もいい、旨い鶏そば。是非しょうゆも試したい。おいしかったです。ごちそうさま。

 

「中華そば おしたに」/奈良市四条大路5-4-30